シナリオ

大波かどうかはこうやってみる!小波か大波が出るのを見極めるコツ!

遊人です!

今回の記事では、
大波が出るのか?
小波が出るのか?

の原理について解説していきます。

だいぶ前になりますが、このように記事で書きました!

書いた記事はのリンクを載せておきますので
見てから今回の記事を読むことをオススメします。

 

波乗りポイントを把握する!

大波を捕まえれたら苦労はいらないですよね?
そのコツをについて解説していきます。

 

 

大波=大きな時間足の波

大波とは基本的に大きな時間足の波ということです。

では、EUR/JPYとGBP/JPYの違いを見ていきましょう!

 

 

2019年5月9日 EUR/JPY 月足

 

こちらよくみているとリズムをつけて落ちてきています。
つまり、こちらは月足からみても下目線ということです。

ということは大きな時間足に乗ってるので、
そりゃもちろん大波が出やすいですよね^^

一方GBP/JPYはどうかというと

 

2019年5月9日 GBP/JPY 月足

 

月足はリズムをつけてきていません。
なので月足という観点から見ると大波は出にくいはずです。

 

では週足でみてみましょう!

 

2019年5月9日 EUR/JPY 週足

 

 

2019年5月9日 GBP/JPY 週足

 

 

週足で見るとブレイクしていますね^^

つまり週足ではどちらも大波が出ています!

簡単に要約すると

 

EUR/JPY
⇨月足 週足共に波に乗っている

GBP/JPY
⇨月足は波に乗っていなくて
週足は波に乗っている

というのが現状です!

デイトレードで美味しいのは
日足以上の波に乗るのが最高に美味しいです^^

 

 

まとめ

 

大波が出るのは大きな時間足がどうなってるか確認!

タイムフレームごとに見極めれるようになると良い

それをデイトレード感覚まで落とし込むのが鍵

 

 

まずタイムフレームごとに細かな分析をしていて
デイトレード感覚まで落とし込んでいるトレーダーをほぼみたことありません。
(僕の生徒さんと師匠を除く)

タイムフレーム感と僕は呼んでいますが
これは普通はロジカルに説明するのができないからです。

ただ、この記事でも解説していますが、このブログではそこをシンプルに解説していけたら
と思います。

これが本当の環境認識ですね^^

個人的にはどっかで環境認識勉強会とかやりたい気分です。
ここさえ突破しちゃえばけっこう勝ちトレーダーが増えるなーって思っています^^

人数が集まったらですね。
また考えておきます♪

 

PS

EUR/JPY
ここ美味しかったですね^^

2019年5月9日 EUR/JPY ショート

ここは昨日TwitterやInstagramで書いておいた場所なので
見てた人は取られたかなっと思います^^

TwitterやInstagramでは、たまに先出ししていますのでそちらもフォローください^^
記事の下からどちらもフォローできます♪

関連記事