考え方

上足の波に乗るとエントリーする時間が長くなる?エントリータイミングざっくりで良い

遊人です!

今日はエントリータイミングの話です!

個人的には4時間とかで波に乗っていたら
損切りに合わなかったらいいんじゃね?

って考えです。

エントリータイミングばかり考えない方が実は現場的です。

それについて今日は解説していきます^^

 

エントリータイミングはざっくりで良い

まずエントリーがピンポイントって
かなり難しいです。

なんで難しいかというと
そこって一瞬しか現れないからです。

トレードってそんな反射神経でやるものじゃないですからね。

図をみていきましょう!

 

 

 

 

 

 

赤丸の場所はをピンポイントで狙うことを集中しても
しんどいだけですし、逃した時に精神的に病みます。

特に最初の頃は。

なので、青丸のように大きな目線で捉えてしまった方がいいです。
そしたら肩の力も抜けて環境認識に集中できます。

木を見過ぎない、森を見ることに集中する!

ってことですね^^

これは精神的にも楽になりますが、
エントリーできる時間が必然と長くなります。

そうするとエントリーチャンスを逃すことがないです。

簡単に図で書くとこんな感じ

 

 

 

 

 

 

赤は一瞬
青はゆったり構えれる


このエントリーできる時間のことを
僕はエントリータイムと呼んでいます。
って呼んでます。

現場レベルでは
青の方が現実的です。

ジャストエントリーよりも
波がどこからどこまでいくのか?

がわかってる方が大事です。

エントリーはそれがわかっていれば
ざっくりで良いってことですね^^

 

まとめ

ジャストエントリーを狙う必要がない

エントリーは流れが出ていたらどこでも良い

環境認識を徹底する

 

 

 

生徒さんと話していて
エントリーをジャストにしようとしている人がいます。

僕も昔はそうでした。
揉まれなく、リスクリワードもよくて
楽にいっぱいpipsを取りたいって欲求からです。

こういう気持ちはいりません。
トレードは反射神経ゲームじゃないからです。

どこが底値なのか?
天井なのか?
をみてる方がいいです。
もう一段上から俯瞰してみてるイメージですね^^

 

ゲームで例えると
戦略ゲームやパズルゲームです。

パズルのように相場を見ることと
どうなったら波が出て、自分が乗るのか?の戦略。

こういうイメージですね^^

 

本当に大きくpips取りたいなら
そもそも大きく伸びる場所がどこなのか?
をしっかり考えましょう!

 

エントリータイミングばかりに気を取られると
ジャストエントリーしても、全く伸びずに
負けてしまうことが多発してしまいます。

下がる環境なのに、買いをいれてしまっては
意味がないですからね^^;

環境分析が完璧で暇な方は
タイミングにもこだわるのもいいですね。

 

エントリータイムが長い
ゆったりしたトレードをしてください!



では、また次回!

関連記事