レンジ

レンジでのエントリータイミングヒント!タイムフレームを落としても形は同じ!

遊人です!
たまにこんなこと言われます
「いやー遊人さんみたいにデイトレードで構えるよりもっと短時間でやりたいですね」

っていう意見です。

これはスタイルなので否定もしません。

ですが、わかってもらいたいのは僕が日足で解説してることとかって
4時間足や1時間足でも使えるということです。

人の心理はどの時間足でも同じなので
タイムフレームを落とすとスキャルピングにも使えます。

今日はそんな話をします。

 

 

タイムフレームを落として考える

日足の話を結構しているので
今回は4時間足から話します。

4時間足を見てもらうとこのようにレンジです。

 

 

2020年1月13日 GOLD 4時間足

 

 

レンジになっているところを狙い撃ちするには
レンジのトレードポイントを把握しておかなければなりません

 

それはこちらを参考ください!

レンジ環境でもボラティリティがある場所は美味しい場所!レンジ内ダウの確定波はここだ!遊人です!レンジトレードで確定的な波で僕が好きな場所が出ていたのでシェアします!レンジ環境での得意パターンになります。レンジの基礎はこち...

となるとこういうポイントがトレード可能です!

 

 

2020年1月13日 GOLD

 

 

レンジの上限からショート狙うイメージで
レンジなので安値は更新していかず、下限付近です。
そこにしっかり水平線がありますね^^

これは日足でいつも環境分析していることを4時間足に落とし込んだだけです。

ということはスキャルピングしたい人は4時間足で分析していることを
タイムフレーム落としてやれば同じ結果になります。
pipsは少ないと思いますが^^;

 

 

エントリータイミングのヒント

最近ブログで載せる時はボリンジャーバンド を載せています。
それは生徒さんに教える時に視覚的にわかりやすくするためにです。

このブログも生徒さんがけっこう見ているので、参考になればと思って^^

インジケーターで説明すると世界共通の認識なので
とてもわかりやすいです。

今回なぜ、ここがエントリータイミングとして成立するのかを
インジケーターベースで話します。

レンジの上限で止められたのちに
1時間足以下の移動平均線が売り領域にあるからです。

移動平均線の上にレートがあれば買い領域
移動平均線の下にレートがあれば売り領域

という具合ですから、
移動平均線で伝えるとわかりやすいです。

レンジの中では移動平均線がちょうど真ん中にますから
それを下に抜けてからトレードすると
そのまま次の水平線まで目指すという考えはとてもわかりやすいですね^^

 

 

2020年1月13日 GOLD

 

 

 

これが1つのコツです。
最終はダウとローソク足と水平線の理解を深めると
不要になってきますが説明としてはわかりやすいです!

現に生徒さんに教える時は
ダウ理論
水平線
ローソク足
をベースにしながら、ボリンジャーバンドを補助に使って教えています。

要は勝てばいいので、なんでもいいのです。

 

 

 

まとめ

タイムフレームを落としても分析方法は同じ

タイムフレームをあげても分析方法は同じ

移動平均線で判断するとレンジのトレードはわかりやすい
(トレンドでも応用可)

 

 

このブログを見てくれている人で
結構、スキャルピング気味でトレードされている方がいます。
その方は実際、タイムフレームを落としてやっていますが
月間トータルはプラス出ているそうです。

自分のスタイルにあったことを確立されていて
とても素晴らしいと思います!

逆の人も現れてくるかもですね
タイムフレームをあげてスイングでやっている人とか^^

こういう人が出てくるとブログを書いていてよかったなーっておもいます。

感想や自分はこうやって学習している!などのアウトプットはLINE@からいつでもお待ちしていますので、いつでもメッセージください。

ではまた次回♪

関連記事