ローソク足

下に行かないサインが上に行くサイン!慌てないコツはトレードストーリーを考える!

遊人です!
今日はGOLDの通貨が吹き上げていました!

GOLDは先日から
月足のカップが出来上がりそうなところで
しかも、日足でトリプルボトムを作っていたので
上に行きやすい環境が整っていました!
それを実際にみていきましょう!

 

 

月足の流れを把握する

まずはこちらをみてください!

 

2019年6月1日 GOLD 月足

 

月足のカップアンドハンドルが出来てくるところなので
動きが一旦鈍くなっていました!

月足が陽線で終わってしまいますので
これからはトレンドが出て行ってくれそうです^^

狙い撃ちにしていきたいですね!

月足の流れはこちらの記事でも書いていますので
参考ください!

ゴールドが動き鈍くなった理由はこれだ!月足から分析するチャートパターン!遊人です!以前、このような書き込みをしておきました!一応リンクも貼っておきますね^^トレンドポイントを察知するなぜそれが動き鈍くな...

 

 

日足以下の流れで月足に合流するポイントを考える

日足以下の流れをみてみましょう!
トリプルボトムという三点底など言われる
チャートパターンが出ていました。

 

2019年6月1日 GOLD triple bottom

これが下にいかないサインです。
月足がいこうとしているので
日足でこのように下に行かないサインが出るということは
上にいくということを示しています

タイミングを取って
上に乗っていくことができます。

日足以下は環境的にロングがバッチリな状況ということですね!

 

 

さらに下位足でも下に行かないサインが出ていた

相場はフラクタルですので
上位足が下に行かないサインを出していれば
下位足もそういうサインを出しています。

そのグングン日足が陽線を作っている間にも
実は下に行かないサインが出ていました。

 

2019年6月1日 GOLD 15分

 

つまり、1時間足以下で下に行かないサインが出ていれば
もう上に乗っていけるという状況になりますね!

ここまで環境がわかっている人なら
15分足のトリプルボトムの下限からロングを押していると思います^^

 

まとめ

上位足がどっちに行こうとしているか考える

下に行かない=上にいくサイン(逆も然り)

そのあと上位足の流れに合流するところを狙い撃ちにする

 

よく考えるとわかるのですが
上足足(月足)が上に行く状況で
日足が下に行かないということは
上位足の流れに合流するということです。

なので日足がグングン上にいくことも考えられますね^^

日足が陽線ができるのわかれば
デイトレではタイミングを計るだけになります

それが15分足などでタイミングを取ってエントリーすれば
必然と波に乗れるということです。

実は最速でエントリーするコツは
上位足の背景がわかった上で(今回の場合)
下位足で下に行かないサインを見つけるのがコツになります。

下位足で上の流れが出る前に入れるので
一番早いところになりますよね^^

なのでGOLDは美味しい場面でした。

こういう場面を察知するにはコツがあります。
事前にトレードのストーリーを考えることです。

今日、チャート開いて
「どれかなー?」
ではなく

以前からずっとチャートを追っていれば気づくはずです。

僕が監視通貨ペアを減らした方がいいって言っているのは
実はストーリーを追えるからです。

チャートってずっと続いているんですよね^^

これを追っていくと精度があがるのと
いつ動き出すかがわかってくるので勝率が上がります。

勝率が上がる=ロットを張れます。

メンタルを一定に保つにはある程度の勝率もいる
というのが僕の考えです。

勝率60%で
1000万通貨(1pips辺り10万円)
で、損切り20pipsを5回連続でなったら

1000万のマイナスです。
結構辛いと思います。

だから勝率もある程度は必要ですよね
現実的には。

 

 

少しまとまりがない文章になってしまいましたが、
僕が今日言いたいのはサインの話です。

常に買いポジションを持ちたかったら下に行かないサインを!
逆の場合は上に行かないサインを!

これを意識しましょう!

そういう意識をもってチャートを見てみてください♪

関連記事