シナリオ

【初心者】レンジの大きさを考えてトレンドが続きやすい場所を見つける

 

 

にゃんこ先生です!

今日はトレンドが大きく伸びて、しばらくトレンドが続くような場所をシェアします!

 

トレンドのパワーが強いので、かなりデイトレードでも有利に進めることができます!

 

 

 

レンジの大きさと長さを考える

 

 

 

レンジの大きさや長さを考えたことがありますか?

 

大きなレンジや長いレンジは長期足のレンジでもあるので、かなりのパワーが溜まっています。

 

 

レンジは

買い
売り

の勝負をしている場所で、テニスのようにラリーをしているような場所です。

 

 

 

そこを抜けると勝負ありで、一気に流れがでます!

 

 

チャートをみていきましょう!

今日の通貨ペアはGBP/JPYです。

 

 

 

2021年5月7日 GBP/JPY

 

 

 

 

 

4時間足のチャートですが、このようにレンジが大きく形成されています。

形は三角形の形なのでペナントですね^^

 

 

何日もレンジの中をさまよっているので、買いと売りのバトルが続いています。

 

こういう大きいレンジを見つけたら美味しいです。

 

 

そこを抜けたところを僕たちはついていけばいいだけ^^

 

 

 

つまりこういうところですね!

 

 

2021年5月7日 GBP/JPY

 

 

 

 

 

 

 

基本的に大きく伸びるところはブレイクアウトしかありません。

理由としては買いと売りが決着がついてるからです。

 

ちなみに買いと売りがバトルして、ポジションが溜まっていくので、玉だまりと表現することもあります

 

 

どこかの時間足のブレイクを狙っていくのが、僕の戦略としていて

最低、1時間足のブレイクを狙っていくことがほとんどです

 

 

1時間以下になると伸び幅が少ないですからね^^

 

 

 

 

次はちょっとパターン集を紹介します

 

 

玉だまり(レンジ)ってこういうところだよー

っていう例を何個か紹介します!

 

 

 

 

玉だまりのパターン集

 

 

 

チャネルのパターンをまずは紹介します!

 

2021年4月5日 GBP/JPY

 

2020年11月13日 GBP/USD

 

 

このように4時間レベルでチャネルを作っているとそこを抜けると大きく伸びてくれています

 

ちなみにチャネルのパターンはブログの検索窓に「テンプレ」と入れていただいたら、記事も出てきます^^

 

 

次はボックスレンジです

「それボックスレンジなの?」
っていうところも少し混ぜていますし、僕なりの見方をシェアします^^

 

2021年4月30日  GBP/JPY

 

2021年5月 GBP/AUD

 

 

ボックスレンジの見つけ方のコツは押し安値と戻り高値を意識することです。

 

 

この記事も実はそのこと触れているので、参考下さい!

インジケーターだけに頼ると環境分析を間違えるパターンがある! にゃんこ先生です! 今日は4時間足の玉だまりを見つけてついていくパターンを紹介しつつ、インジケーターに頼りすぎるとどうなるのか...

 

 

 

もちろん他にもチャートパターンはいくつも存在しますが、初めはこの2つを覚えておけば良いかと思います^^

 

いっぺんに全部覚えれないので、とりあえず基礎的なところから!

 

 

 

 

まとめ

長いレンジ&大きなレンジを抜けたら美味しい

レンジの中で勝負せずに抜けてからついていく

レンジの中で勝負できるのは上位足の方向がわかってる時

どのパターンでも玉だまりの原理は同じ

 

 

僕たちは相場を動かせないとう前提があるので、レートの動きについていくしかありません

 

 

レートが大きく動き出す時が玉だまりを抜けた時です

 

流れについていくコバンザメの要領でいきましょう!

 

 

僕の戦略は玉だまりのブレイクポイントにラインを引いて、抜けたらついていくというものです。

 

時間足が大きければ大きいほど、トレンドは長く続きます。

 

 

週足の玉だまりを抜けたら、数週間にわたって流れが出たりします

 

これを捉えていけば、週足とかも考慮しつつ、流れを把握することができるのでぜひ活用してみてください^^

 

 

ではまた次回♪

下の画像をクリックして職人トレーダーになるためのロードマップをGET!

関連記事