考え方

年収1億というスタートライン

遊人です。

今日は金融業界のすごさについて話していきたいと思います。

以前、せどりやアフィリエイトいろんなことに挑戦していて駆け出しの頃に思った目標があります。

それは 『年収1億円!!  』

正直駆け出しの頃は全く想像もついてませんでしたし、おとぎ話かな? って思っていたほどです。 笑

でも今では考えがガラッと変わりました。 というかさらに上のステージに進化したように思います。

タイトルにもある通り 《年収1億というスタートライン》 ということです。

アフィリエイトとかせどりとかなんでもいいですが、そういうのをやりたい人に 「目標月収いくらですか?」

と聞くと

「月収100万円いきたいです!」 と返ってくることが圧倒的に多いです。

僕、個人の統計ではありますが、8割くらいはこの答えが返ってきます。 で、副業などの雑誌や、広告を見ると

・主婦でも家にいながら月収100万円!

・せどりで月収100万!?

と月収100万円という言葉がよくみられます。

(げっしゅう という呼び名はなんか個人的に好きではありません笑)

確かにアフィリエイトやせどりで月に100万円利益を出すことは可能です。 実際に僕の知り合いでも何人もいます。

では金融の世界はどうでしょうか?

こないだ、とある投資家の人とご飯を食べていた時にこんな会話をしていました。

遊人 「アフィリやせどりの人って月収100万円目指す人が多いし、それでも十分すごいと言われるレベルだと思うんですよね」

投資家さん 「金融は月収100万が下限みたいなところありますからね 笑」

っとにこやかに答えてくれました。

金額面ではありますが、この規模の違いはすごいと思いました。

僕も駆け出しのころは 「よーし!月収100万稼いでやるぞ!」 って意気込んでいました。

しかし、それが金融の世界だと下限・・・ 下の方だというのです。

数十億の資産を持っている人などは実際にいます。

ただ、せどりやアフィリエイトで数十億の資産を持っている人ってあまり聞いたことありません。 (実際には少人数ながらいると思います。)

 

僕自身は金融の世界の入り口としてFXを選んだわけですが、年収1億はゴロゴロいます。 月収100万レベルなら多すぎるレベルです。 笑

イメージ図 ※写真はイメージです

めっちゃいます 笑

ここの世界がなんでそんなに収入インフレを起こしているかは別の記事にまとめるとして・・・  

僕が今日言いたいのは 年収1億って全然いけるし、むしろスタートライン。 スポーツでいうとアップが終わったくらいです。 これが才能とかがいる世界なら話は別ですが、金融業界はゴロゴロいるわけなので、自分にいけないこともないです。 これって本当にすごいことなんですよね。

僕自身、スタートラインだと本当に思っています。 ただ、アフィリやせどりの世界だけしか知らない頃は本当に遠い距離に’’億”というのもがありました。

でも、それが自分の届く範囲にある。 可能性が極めて高い。 金融業界ってこういう世界です。

本当の金融の旨味を味わえるのは年収1億を突破し、資産運用のステージに回り 攻め資産構築から守りの資産構築に入った時だと僕は思ってます。

こういうことができるのも金融の世界だけ。

お金がさらにお金を生むサイクルが直接的で早いです。

ビジネスなら 投資といえば人件費などですが、それだとその人が働かないと投資になりません。

これが お金→お金に換わるのでかなり効率が良いです。

僕もこのサイクルを増やしていこうと思います。 僕自身、自分のファインプレイなのは世界観の違いに気づけたことだと思っています。

昔の世界観のままだと知るよしもありませんでしたから・・・。

知ったからには金融の旨味を味わっていこうと思います。 美味しいご飯のように・・・。

関連記事