シナリオ

上手い人とここが違う!自分がエントリーしたら逆にいく原因を上位足から考えてみた!

遊人です!
「エントリーしたら逆にいく!」
って経験したことありませんか?

僕は初心者のころありました笑「監視カメラで監視されているのか?」
って思ったこともあります笑

これは色々パターンが考えられますが
今回は上位足から紐解いていきたいと思います。

 

上位足との下位足の流れを考える

まず逆の流れが一気にでるには

上位足に下位足が逆らっているのを基本とします。

つまりこういう状況です。

 

 

2019年9月21日 GBP/JPY

 

 

 

画像はGBPJPYです

日足でみると
ここは一旦の戻しが入るところです

これについてはこちらの記事で解説していますので
参考にしてみてください^^

 

 

チャートは同じパターンの繰り返し!規則性を覚えよう!右側を予測してみよう!遊人です!まだ形成していないチャートのことを書いていこうと思います。たまに「右側がない時にできるかどうかなんですよね・・」って人いますが...

ここは100%戻しの原理からいって
一旦下にいくところです。

しかし、内部を見てみると
上にトレンドを作っています。

 

 

2019年9月21日 GBP/JPY

 

 

 

ということは
今の状況を整理すると

日足はゴールに達していて下に戻しそうだが
その以下の時間足、4時間足が上にいっているという状況です。

これは一気に下に切り返してくる可能性が高いです。
よく考えたらわかるのですが、切り返しは早いです。

買いを押してた人が決済
買いを押してた人が損切り
新たな売りを押してくる人

この3重の力が働くからですね^^

ということは日足が以上が下にいく力が強いので
ショート目線に切り替えつつ4時間が下に合流するところを狙います。

それはここです!

 

 

2019年9月21日 GBP/JPY

 

 

 

 

ただし、ここは本格的な波ではまだなっていないので
下にはずっといく波ではなく
次の抵抗でしっかり利確しないといけません。

この波の性質と売りと買いのバランスが上位足から
わかるようになると、それに合流するところを狙うだけです。

少し勉強した人にありがちなのは
「上昇じゃん!いけるいける!」
ってエントリーし、上位足の波にのまれて
逆行して(しかも逆行も速い)負けるパターンです。

ここで1つアドバイスをします。

トレンドが認識できるようになってから
入ると堅いエントリーができるのですが、
実は波が伸びきっている場合があり、逆行の目処も考えておかないといけないということです。

ダウ理論のルールに
主要なトレンドは3つの段階から形成される
というのがありますが、これの終わりに来てる場合があります。

トレンドフォローが美味しいのですが
トレンドが出すぎてからだと遅い場合があり逆を狙った方が
美味しい場面があるということですね^^

 

 

 

まとめ

下位足だけではなく上位足のゴールに来ていないか考える

トレンドが出ている相場だと逆行の急な逆行がないか確認する

それがわかるのは上位足と下位足の方向が逆の場合

 

 

逆のシナリオって考えていますか?
僕はいつも下位足と上位足のギャップを考えながらシナリオを立てます。

なぜかというと
以前言っていた失望売りのような流れが発生するからですね^^

この記事でもコツを書いてます。

 

 

 

失望売りを見分けるコツを教えます!チャートパターンを覚えても意味がない理由とは?遊人です!チャートパターンって出る場所全体のどこにレートがあるか?が大事って知っていましたか?これ単体だと全然、俗にいう’’だまし’’が...

 

 

 

今回のような100%,戻しは特に気をつけたい場所なので
注意しながらトレードしていきましょう!

ではまた次回♪

関連記事