考え方

にゃんこ先生がBitcoinに手をつけない理由(2021年1月時点)

にゃんこ先生です!


今回はちょっとテーマを変えて、僕がBitcoinに手をつけない理由を話したいと思います。

 

 

利益は長期的にみる

 

Bitcoinを見てみると、こんな感じの相場になってます。

 

 

2021年1月 Bitcoin/JPY

 

 

2021年1月で400万円も一度突破しました。

 

まさにバブル状態です。

 

特にこういう金融市場のバブルは一度経験してしまうと、自分の実力以上に結果が出てしまい、お金に振り回される傾向があります。

 

 

宝くじで数億とか当てちゃった人が、破産してしまったり、人間関係壊れたりするのもこれが原因です。

人にはその人なりのキャパというものがあります。

 

俗に言うお金の器というやつです。

 

過去にも仮想通貨バブルにのって、利益をあげた人はたくさん周りにもいました。

しかし、その後もお金に振り回されず、理性を保っている人は本当に片手で足りるくらいの人数しか知りません。

 

 

 

これがyoutubeバブルだったら話は別です。

YouTube初期からやっていて、有名になった人はその後もファンがいたり、アパレルを立ち上げたり汎用性が効きます。

 

しかし仮想通貨や宝くじなどは、汎用性が聞かないことがほぼな為、一旦の利益を得ても継続することは難しいです。

 

テクニカルのスキルを身につければ、半永久的に収入を相場が得ることができるため、どっちに注力すべきかは明白だと思っています。

 

 

 

これが僕が手をつけなった理由の一つです。

 

 

 

 

ギャンブル要素を排除する

 

 

 

先ほども出しましたが、これをみると左側にデータがありません。
仮想通貨はまだ歴史が浅いので、左側にデータがない史上最高値になっています。

 

つまり左側から流れを分析するテクニカルトレーダーとっては、左側にデータがないのはなかなか致命的です。

 

 

分析するものが、現在の「トレンド」以外に無いため、根拠がどうしても薄くなるからです。

 

 

トレーダーは

「ギャンブル的な要素をどれだけ排除できるか」

が大事だと思っていて

左側にデータがない=ギャンブル要素が少し上がる

 

ということで、自分はやりたくない理由の2つ目になります。

 

 

 

 

まとめ

バブルで手にしたものは泡になって消える

スキルを磨け

よくみろ、左側にデータないで!

 

そして、こういうバブルは時代によって左右されるため、再現性がありません。

 

僕はブログなどを通して、トレードスキルをシェアしていますが、それもできません。

勝ったとしても「ラッキーだったね」で終わります。

 

僕が欲しかったのは自分で稼ぐ力なので、興味が薄かったんですよね。

 

 

ただ、僕の考えであって、お金が腐るほど余っていたら、ありだと思います。

「あー今日も増えてるわ」
ってゲーム感覚で見れるくらいなら、まだありかと^^

 

 

お金を稼いでも、漠然とお金が欲しいって人はやっぱり叶わないもので、具体的な目的がある方がいいです。

 

それは小さくても良くて、具体的であることが大事だと思ってます。

 

 

自分は明確に自分で稼ぐ力をつけたいってのがあったのでトレードを勉強しました。

 

そうすることで、無一文になったとしてもスキルは残る為、やり直しができます。

これは本当に強いスキルです。

バブルで短期的に稼いだお金よりもよっぽど価値があるものです。

 

 

今では、スキルをつけることで

こうやってブログで発信できて
還元できて
仲間もできて
良いことづくめです。

 

師匠(環境)と過去の頑張った自分に感謝です^^

 

 

バブルとかではない、本質的なところをこれからも発信していこうと思いますので、今後ともよろしくお願いします!





ではまた次回♪

関連記事