ローソク足 三種の神器 相場解説

具体例!長期足と同じ目線をもってデイトレードをするのが鍵!

更新日:

お疲れ様です!
遊人です!

ずーーっとGBP関連が上がってますね笑


こういう時一旦の戻りである調整波は取らない方がいいです。
理由は長期組が買いまくってるからです。

かなり初歩的なことですが、ここは長期足の流れに逆らうのはナンセンスです。
(波の性質を完璧にわかっていて、スキャル気味に取るなら話は別)

じゃーどこから仕掛けていくのか?
って話ですが、日足で陽線が連打しているわけなので、ここでショートは激流に逆らうことになります。

 

 

 

 

 

ここは下に行くには日足の環境下でとあるサインが出ないといけません。
勢いを弱まったサインを見逃さないようにしましょう!

この局面では
陰線1本か(ロングをしかけるなら陽線一本)、長い髭を一本でたのを確認してから逆をしかけていきましょう!
そうすると上位足でも一旦の激流が止まったサインなので、戻しが出る可能性が高いです。

こういう状況です。

 

 

 

 

闇雲にエントリーするのではなく、デイトレだと日足の波に乗るのが負けないコツになります。
僕もデイトレをやる際はどうなったら日足が陽線、陰線でるかを考えてトレードしています。

つまり日足ボックスレンジだと??

 

どこが勝ちやすいから必然とわかりますよね?^^


 

そういう場所をトレードしていきましょう!

 




遊人

-ローソク足, 三種の神器, 相場解説

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.