相場解説

誰が見ても明確な転換サイン出現!勝者の視点は必然的に同じ^^

やまだです^^

本日は2019年4月30日のGBPUAUDについて解説します。

遊人さんの記事ともろ被りですが。笑

勝っているトレーダーは必然的に選ぶ環境が同じなります。

なので記事ネタがかぶっても仕方ないです^^

同じ日のGBPAUDについての遊人さんの解説記事はこちら

日足レベルで誰が見ても明確な転換シングルが発生!

日足チャートを見てください。

トレンドラインを抜けて、日足レベルでのレジサポが完成しています。

トレンドラインを抜けた=市場の目線が切り替わったということです。

そしてさらに、日足レベルでダウ第六法則をイメージできるレジサポが完成しています。

またインジケーターを見ると、MA20で価格が支えられているイメージを持てますね。

日足レベルの準備がこの時点で完了しているので、あとは4時間以下が「上に行くしかない!」という形やサインを出せば、価格は大きく上昇することが予想できます。

 

結果は・・・

結果はご覧の通り、指標をきっかけに4時間以下が上目線になったことで一気に上昇しました。

トレード範囲で言うと150~200pipsあります。

この範囲の中で自分の得意なパターンが出てきたときだけ、のんびり利益を確保する、と言うのが私たちデイトレーダーの基本戦略です^^

 

まとめ

2019年4月30日のGBPAUDは今回解説した背景があったため、大きく価格が上昇しました。

このように、”誰が見てもわかる転換シグナルが発生する環境”こそが、私たちトレーダーが選ぶべき勝てる環境と言えます。

このような環境は必然的にダウ理論・トレンドライン・インジケーター、すべてで明確な転換シグナルが発生します。

このような環境は、市場の目線が一致しているので、勝率が高く、リスクリワードが良いトレードが実現できます。

 

今回の記事がきっかけで、読者様が勝てる視点を得られると幸いです^^

関連記事