ダウ理論

【必読】ダウのパーフェクトオーダーって知ってますか?ダウでチャートの環境認識を考える

遊人です!
ダウのパーフェクトオーダーって知ってますか?

俗にいうパーフェクトオーダーはインジケーターメインの話が多いと思います。

移動平均線だと
長期
中期
短期

の向きが揃っていたら
パーフェクトオーダーって言われたりします。

ダウのパーフェクトオーダーが出ていたら
もちろん移動平均線もそうなっていきます。

今日はちょっと意識として入れて欲しいため
ダウのパーフェクトオーダーを解説していきます。
それがわかれば原理上はインジケーターなしでもトレンドがわかります。

 

 

ダウを見てみよう!

イメージ図を用意しましたので
見てみてください。

 

 

 

 

この場合は日足と4時間がダウ揃っているのは
緑のまるがあるところになります。

ここから上が4時間足と日足のパーフェクトオーダーってことですね。

そしてその後に
1時間足まで揃っていくと

 

 

 

 

日足&4時間足&1時間足
のパーフェクトオーダーになります。

 

 

 

気をつけること

ここのポイントは
日足がダウでた後に4時間のがダウ出たのに意味があります。

 

これはどういういことかというと
日足がダウ出てない場合で
4時間だけダウが出た場合は日足はレンジなので
レンジ戦略のトレードしないといけません。

逆に日足がダウ出ていて
1時間がダウ発生しても

間の時間足である4時間足がレンジなら
レンジ戦略で
4時間足がダウでないと意味がありません。

4時間足がレンジだからです。
4時間足がレンジだと1日で抜けるのは考えにくいので
そこのタイムフレームを揃うのを待つ必要があります。

 

 

 

 

 

 

これが僕が言っているタイムフレーム感であり
これをマスターすると
どの時間足で引っかかって動けなくなっているのかがわかります。

そして損切り位置もエントリータイミングも
おおよそこれでわかりますので、負けにくくなるはずです。

もちろんこの時は
インジケーターで見てもタイムフレームが揃っているので
パーフェクトオーダーが出ています^^

 

まとめ

どの時間軸がダウが出ているか考える

タイムフレームを飛ばさない

ダウ=トレンド発生

 

 

ここで大事なのは先ほども書いた
トレンドかどうかはダウ基準ってことです。

相場をシンプルに見るには
チャート上でダウ発生してるかどうかを見る必要があります。

そうすることで
どこからトレンドで、どこからレンジなのかの
区分けができるのと、パーフェクトオーダーがわかるため
損切りにひっかからず、すんなり伸びます。

ここを基軸に生徒さんは教えていて
結果ボリンジャーバンドなどのインジケーターとかも組み合わせると
綺麗に形を織り成しているので
説明をわかりやすくするためにインジケーターの話とか少ししてますが

ボリバンの話はあくまで補助です。

メインはダウです。
ダウの区分けとどこまでいくのかをするために
水平線で見極めていくイメージですね。

極めていきましょう!

 

 

One point advice

まずはチャート上に水平線を引くより
ダウを見極めれるようになるのが先だと個人的には思います。

そのダウと水平線は関連性があるからです。
ここまでいうとだいたいわかってきたと思いますが

ダウのところに水平線があるということですね^^

関連記事