ダウ理論

普遍的な流れをしっかり取ろう!ダウの転換サインがはっきりしてるところは取りやすい!

遊人です!
今日はV字戻しやレンジの上下限で、この形がでると
堅くエントリーできるパターンを紹介します。

このパターンは綺麗に出ることが少ないのですが
出ると誰もが認知できるために
綺麗にいくことが多いです。

環境分析も混ぜて書いていきます!

 

 

レンジのトレード範囲を把握しよう!

レンジトレードの箇所は

上限
真ん中
下限

 

の3つが基本的な戦略になります。

これの基本的なのをこちらで解説しています。

 

 

 

レンジの中でもしっかりpipsを取る方法って知っていますか?遊人です!今回はレンジについてです!僕は常日頃から「ブレイク後が美味しいよ!」とよく言っています。これは本とかでも乗っていますし...

 

 

 

 

 

さて、ここで問題になってくるのは
「それはわかるけど、チャートではどこなの?」
ってことです。

それを話す前に
こちらに目を通してみてください。

 

 

 

 

チャートパターンだけで相場見ても意味はない!チャートパターンの位置を考えてみた遊人です!今日はチャートパターンの位置についてです。チャートパターンは確かに有効ではありますが、出る位置が大事です。これがわかっていない...

 

 

 

 

(V字戻し)日足で以下でトレードポイントに負けた時は週足&月足を疑え!遊人です!今日は週足のV字戻しの話をします。ただの水平線と違ってV字戻しはほぼ戻されます。これがわかっていないと日足では良い環境なのに負...

これでレンジのトレードする場所がある程度わかったと思います^^

それを把握した上で本編に入ります。

 

 

 

実際のチャート

今回の場合100%戻しの場所です。

ということは前提として一旦の戻しが来るのが前提としてあります。

実際のチャートをみてみましょう!

 

 

2019年9月20日 USD/JPY

 

 

 

 

画像はUSD/JPYのチャートです。

滅多にみないのですが、生徒さんの添削をしている時に
「これは、良いところをとってるな」
って思ったので載せています。

100%戻しが完成しているので
ここからの戻しがあるというのを頭に踏まえて
4時間足を見てみると4時間足でダウの転換サインが出ています。

 

 

 

2019年9月20日 USD/JPY

 

 

 

 

 

 

こういうイメージですね^^

そしてダウ理論では
「トレンドは明確な転換シグナルがでるまで継続する」
ので、逆に逆手に取って考えてみると
ここから一旦の目線が下降になるわけです。

これは基礎なので覚えておいて下さい^^

ということはこれが完成したのちに
ショートを仕掛けていけば、戻しの力も使いながら
下にいくために堅いトレードができるわけです。

これは僕の得意パターンの1つになります。

エントリーはこういうところでできますね^^

 

 

2019年9月20日 USD/JPY

 

 

 

堅いエントリーに必要なのは
レートが動くための背景があることです。

じゃないと下位足だけでみて
負けるパターンが多発してしまいます。

堅いエントリー心がけましょうね^^

 

 

まとめ

1パターンを1つ極める

波の普遍性を考える⇨ブログに書いている

ダウの転換サインを綺麗なのから見れるようになる

 

 

勝ち’’続けていく ‘’にはこういう普遍的なところがわかり
トレードを淡々と続けていくことが大事です。

ぶっちゃけ1パターンなので
最終飽きてくるのが難点ではありますが笑

1パターンを極めるために
1つ定点を決めて、徹底的に分析するのが一番いいと思います。

過去検証は1つ軸を決めないと意味がないですからね。

ぜひやってみてください!

では、また次回♪

関連記事