ローソク足 三種の神器 考え方

週足のローソク足を想像する!週足のローソクの形から1週間の動きを考えてみた

更新日:

 

遊人です!
今日は週足のローソク足について話します。

これがわかると
どこから転換してくるか?
おおよそ想像がつくのでかなり使えます。

しかし、コツがいります。
デイトレードまで落とし込むのには熟練度がいるので
わからない方は日足以下の環境をみていきましょう!

 

 

 

週足のローソク足を考える

以前このような記事を書きました。

 

 

週足のローソク足がほぼ確定しているところはデイトレードで最高の環境!

 

 

 

この記事に
おもしろいワードを入れておきました。

’’一旦は陽線をつけやすい環境’’

というワードです。

なぜ’’一旦’’とか’’ほぼ’’
というワードを入れたのかというと

今の週足になる可能性を秘めていたからです。

 

 

 

2019年7月15日 EUR/AUD 週足

 

 

こちらの画像は前回の記事に引き続き
EUR/AUDです。

このローソク足がピンバーになる可能性があったからです。

それはこういう模式図を足しておけばわかるかと思います。

 

 

2019年7月15日 EUR/AUD 週足

 

この形になる可能性を考えると
ピンバーになることも考えれました。

なので
‘’ほぼ確’’なのです。

 

内部が整っているので
一旦は上昇し
水平線に当たり、戻ってきて
週足でみるとピンバーになっているってことですね^^

このイメージはこの記事でも書いているので
参考ください。

月足や週足の水平線付近の動き!環境がわからない時は上位足の力には逆らわない!

これがイメージできるようになると
ある程度相場が一段上から見れるようになります。

俯瞰的にみるようなイメージですね^^

 

内部と上位足のローソク足の形成途中のイメージがリンクすると
かなり相場観が付いていると思います。

 

 

もちろんピンバーになったのは結果論ですが
これを考慮しておけば

 

利確ポイントや、どこでエントリーしているのか?

 

がわかるようになり、さらに細分化していくので
デイトレードにも、もちろん使えるようになります。

 

 

心理や形成の仕組みはどの時間足も同じですので
コツを掴むようになれば、かなりの武器になります。

 

あまりこの辺を文章で話すと
知恵熱が出そうなので、まとめに入ります。

 

 

まとめ

週足のローソク足が最終形態どういう形になるかわかっておく

そのパターンを覚える

内部が形成すれば週足の形がおおよそわかる

 

最初にも書きましたが
この辺が難しい場合は
日足以下の形で十分です^^

 

イメージ力も必要になってきますしね。

 

 

攻略するのと
利益をあげるのは別なんですよね。

利益を上げるには
簡単な相場をひたすらまって
ロット張れば終わりです。

ラスボス級の難しい相場は捨てて
スライムが出るのを待って
やっつけるイメージですね^^

今回はどちらかというと
攻略したい人向けに書きました。

相場観をあげて
より相場を正確に見たい方にはオススメの記事です。

よかったらこんな考えあるんだ!
って覚えておいてください!

 

 

 

PS

今回は
「マニアックな記事も書いて欲しい!」
っという声があったので書いてみました^^

他にもこういう記事を書いてほしいってあれば
書いていくので、LINE@からメッセージくださいね♪

下から無料で登録できます!

-ローソク足, 三種の神器, 考え方

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.