ローソク足 三種の神器 水平線 相場解説

デイトレードの方向性がわかる?上位足の波の流れのイメージをしてブレイク位置を察知しよう!

更新日:

遊人です!
実は先日好きなパターンが出ていました。

それは下にいかないサインが出ていたのを狙い撃ちにするということです。
これは以前からもブログで紹介していることなので参考ください。

 

 

 

ローソク足で転換を予測してみよう!ローソク足は心理が一番最初に現れる!

 

 

 

 

 

ローソク足のサインとデイトレードの最大幅を考えよう!

まずはこちらの画像をみてください。

日足のローソク足を特にみてください。

 

 

2019年8月23日 EUR/AUD

 

 

 

 

日足で滞留しています。
これは内部をみるとレンジになっています。

 

 

 

2019年8月23日 EUR/AUD 4時間足

 

 

 

 

4時間レベルで見て取れるレンジができているので
ここ抜けた方にパワーが放出されます。

簡単にいうとレンジブレイクですね^^

レンジを見つければいいわけなので
レンジブレイクは初心者にお勧めです。

レンジの分のパワーを借りながらいくので
けっこう伸びてくれます。

レンジのパワーについてはこちらでも書いてます!

 

 

 

レンジの長さが相場に関係する?玉を溜めている状態をみてスムーズに伸びる波を取る!

 

 

 

 

こちらの記事にも書いてますが
レンジ内部より、外に出てからの方がいいです。

しかし、レンジ内部はでも取れる場所は存在しますので
トリッキーなトレードが好きな方はそちらもどうぞ^^

 

 

レンジ相場の中はタイミング勝負!職人芸のレンジトレード!上級者編!

 

 

簡単に整理すると

日足で下げ止まりのサイン

4時間足のレンジでパワーを溜めている

放出される方についていく

 

ということになります^^

今回の場合はほぼ上に行くと思っていました。
その理由は上位足の一旦の押しの可能性があるからですね。

すべてを含めて僕の得意パターンです。
これは幾度どなく出る波で、いつもお世話になっています笑

ここではブレイク位置はこのあたりになります!
夜23時くらいでしたので、入るかどうかは自分次第ですね^^

 

 

2019年8月23日 EUR/AUD

 

 

 

そして、利確はしっかり水平線が存在していますね!
こういう場所は心理がはっきりしているので
水平線の位置がとてもわかりやすいことが多いです。

 

 

まとめ

全体の流れを把握して、下位足でタイミングとる

日足でのサインは目安

日足一本の形成がどちらにいくのかを考える

 

もちろん4時間足が上にブレイクする場面なので
日足が陽線立つ可能性が高いということになります。

ここは滞留しているサインを見た時に
僕の中では目線は上でした。

これがなんで上にいくのか?
考えれるようになるとベストかと思います^^

 

そこをよーく考えてみてください!
一応ヒントは過去記事で何度か書いています。

実は過去記事をつなぎ合わせていくと
トレードポイントがわかっていくのですが笑

 

コツを掴めば簡単ですので
ぜひ、生徒さんも参考ください!

ではまた次回♪

-ローソク足, 三種の神器, 水平線, 相場解説

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.