チャートパターン

【上級者】波を作らずに一気にレンジ内部から抜けてく波の特徴

 

にゃんこ先生です!

 

今日はちょっとコツがいる波を紹介です!

 

一気に波が伸びてくれるので、かなりコストパフォーマンスが良い波になります!

 

 

 

こう言う場所ですね!

 

2021年5月17日 GOLD

 

 

僕の好きな波の一つなので、シェアです!

おそらく、他のブログなどでは書いてるのを見たことがないので、おもしろいと思います^^

 

 

上位足のトレンドであるか確認

 

まずはいつも通り日足の環境からみてみましょう

 

通貨はGOLDです

 

2021年5月17日 GOLD

 

 

 

今回はトレンド環境になっています。

 

今回の波は上位足がトレンド環境の時になることがあります。

 

というより、上位足がトレンドじゃないと綺麗に抜けてくれません。

 

 

上位足がトレンドか確認したら、その下の足をみていきます。

 

 

 

4時間足の以下で一度下にブレイクする

 

4時間足以下見ると一度、レンジ帯を抜けています。

 

 

2021年5月17日 GOLD

 

 

 

 

ここがポイントになります。

 

日足がトレンド環境にも関わらず、一度下にブレイクした後に

 

V字のように戻してきたら、売り玉は死んでいる可能性が高いので、スルスルと抜けていくことが多いです。

 

他にもパターンがありますが、これが一番わかりやすいかと^^

 

 

 

2021年5月17日 GOLD

 

 

 

 

この波はどの時間足でも共通です

例えば4時間足が上昇トレンド環境で、1時間足が同じように下にブレイクし、V字で切り返してきたら同じように波を作りません、

 

 

 

これがわかるようになり、一気に抜けていった波を過去検証してみると、このパターンで抜けている場合がもちろんあるので、確認してみてください^^

 

 

 

 

今回の波はかなり早くいってしまうので、かなりコツが必要です。

上に抜けてローソク足が確定したあたりか、もう抜けることがわかっていて、手前から入るかのどっちかになりますね^^

 

 

2021年5月17日 GOLD

 

 

 

 

 

 

かなり上級のポイントになる上に、ゴールに達すると一気に戻されてくるので、注意が必要です。

 

 

スタートする場所、ゴールポイントがわかっているからこそできるトレードですね^^

 

 

 

まとめ

上位足がトレンド環境である時

下位足がトレンドと逆方向に完全に伸びている

V字で勢いよく戻されているのを確認する

ゴール地点をしっかりわかっておく

環境にかけろ!

 

 

 

 

最後の言葉なのですが、僕がトレードする時によく思っていたことです。

 

「ルール的にはロングでエントリーしたい・・・でも怖いなー」

って思った時に自問自答で言っていた言葉です。

 

 

トレーダーはエントリーするのが仕事ではなく、環境分析が仕事で準備が8割です。

 

 

なので、自分がしっかり分析したなら、あとは流れに身をまかせるだけですね^^

 

今回もトレードポイントも環境を分析してるからできるポイントだと思います。

 

その能力を上げるには、毎日シナリオを立てて通貨をしぼって、どうなったか考えることが効果的だと思ってますので、よかったら実践してみてください!

 

 

ではまた次回♪

関連記事