シナリオ

暴落&暴騰はトレンドの証!大きなトレンドに乗った後はノイズを気にするな!

 

遊人です。
どの通貨もトレンドが出っ放しでした。

その中でかなりの幅を取れた通貨があったので
環境と合わせてシェアしていこうと思います。

 

 

トレンドが合流するのはこんな時

まず前提として
すでにトレンドが出てる状態なら
それに合流するところを狙えばいいです。

まず上位足から見ていきましょう!

 

2019年8月5日 GOLD 月足

 

 

 

 

では、次は週足

 

 

2019年8月5日 GOLD 週足

 

 

 

 

 

 

次は日足以下をみていきましょう!

 

 

 

 

そして日足以下を分析すると
日足以下はもトレンドが出かかっています。
そして、4時間足に書いた波形が出た後に
上にいくようになっていますね^^

 

この後は上位足に合流してますので
上にいくことになります。

この波を見たあとにいけば上位足の流れに乗りますので
大きく取れます。

日足のもカップアンドハンドルで、上にいくことがわかってましたしね^^

これは前回のレンジ環境の取り方の解説の際にすでに出ていたので
わかりやすい環境でした

 

 

ボラが大きい相場では、レンジでも効率よくトレードすることができる遊人です!最近(2019年8月4日時点)トレンドが出た影響かボラ大きくなっている通貨ペアが多いです。この時は損切り幅が広くなったりちょっ...

 

 

そして次の水平線いきます。

 

下に引きつけてから
エントリーすれば、基本的に負けない相場でした。

しかし、トレード範囲を切り出せても
問題があります。

それは道中上がったり下がったりしながら
上に上がるので、道中ビビってしまうことです。

これについて僕の考えを書いておきます。

 

道中のノイズを気にする必要はない!

環境分析に自信がある人なら
道中の小波を気にせずに上に登っていくと考えるはずです。

しかし、環境に自信がないと
持つことができません。

「下がるんじゃないか・・・」
っと頭にちらつくからです。

これは成功体験の差です。

 

 

 

一度、環境分析を徹底的にしたなら
なにがなんでもポジションを保有し続けてみてください。

そして、勝つと
「環境分析が間違ってなかったんだ!」
という自信が出るためにポジションを持つことができます。

この成功体験こそが大きく取る秘訣だと思います。

 

 

なので、ここは小ロットでもいいので
持ち続ける方が費用対効果が高いことが体で覚えるので
環境を切り出せたらしっかりゴールまで保有しましょう。

1の成功体験が大事だと思います。
「できる!」
って思わせましょう!

 

まとめ

環境分析を徹底的にしたら、あとは自分を信じろ

大きな流れが出たら、道中のノイズは気にしない

大きな流れがどこから出るか把握する

 

 

 

これだけです。

僕の生徒さんには
「ここから大きな流れですね」
という表現をよくします。

この流れの話は過去の記事でもしていますが、
自信が持てるのは
まず原理原則を把握しているからです。

この原理原則がわからないと
適当で意味のラインを引いたりしてしまいます。

これをしっかりわかって
原理原則にのっとった分析をしてから
ポジションを持てたら
あとは保有していきましょう!

 

それができて
成功体験を少しずつ積むと
適切な利確ができるため、頭から尻尾までの
トレードをすることができます。

環境分析がある程度できる方は
成功体験を積んでいくださいね^^

 

ではまた次回♪

関連記事