相場解説

トレードがうまくいかない原因はこれかも?下位足を大切に!

投稿日:

やまだです^^

今回の記事では、2019年4月30日のUSDCADについて解説します。

日足レベルでのトレンドライン(ペナント)を上抜けたので、イケイケ上目線で見ていたデイトレーダーも多かった通貨だと思いますが結果は・・・?

 

4月29日の日足で上を思わせるサインが出現!

 

USDCADは4月下旬に日足レベルでのペナントを抜けた後、29日の日足確定でレンジ上限でレジサポを思わせる十字線が出現!

ここで30日のトレードを完全に上目線で固定したデイトレーダーもいるはずです^^

さて、それでは"日足レベルでの上昇サインがでたUSDCAD"の30日の値動きはどうなったでしょうか?

4月30日の値動き(結果)

 

結果は残念ながらイメージ通りとはいきませんでした。

日足は陰線をつけて大きく下落。

この日ひたすらロング(買い)を入れていたデイトレーダーは大きく負けたでしょうね^^;

 

負けた原因のヒント

実は今回負けたのは、4時間足以下の環境が理由です。

4月30日の時点で上目線・買い優勢となっているのは、日足だけでした。

デイトレレベルで考えると、日足の環境に加えて4時間足以下の環境が大切になります。

日足レベルで上目線でも4時間足が下目線であれば、デイトレレベルでは下に動きます。

日足レベルの買いサインで上を狙って良いのはスイングトレーダーだけです。

デイトレーダーは4時間足以下のサインをきっちりと待つ必要があります^^

USDCADは4時間足は分かりやすく下目線(MA20より下)です。

USDCADで買い戦略を狙うのは4時間足も買い目線になってから、ですね^^

 

まとめ

今回の記事では2019年4月30日のUSDCADについて解説しました。

日足レベルで上に行きそうな相場だったので、「上を狙いたい!」というデイトレーダーも多くいたと思います。

しかし、デイトレーダーとしては4時間足以下の環境も大切にしなければなりません。

デイトレーダーが勝負すべき環境を見極められれば、勝率も良くなります。

少なくとも日足以下のチャートをしっかりと観察して利益につなげていきましょう^^

 

この記事があなたのトレードスキル向上のきっかけになれば幸いです。

-相場解説

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.