ダウ理論

チャートパターンだけでも勝てない?上位足の水平線から方向性を考えよう!

遊人です!
週足の水平線があり、一旦の戻しがある通貨がありました。

下位足の動きだけで入るのは危険なゾーンなので
よかったら参考にしてください^^

 

 

 

週足の水平線を察知する

水平線は無数に点在していて
上位足の水平線ほどよく効きます。

これはたくさん玉が入っているためですね^^

週足の水平線がどの通貨にあったのかというと
GBP/CAD ポンドカナダです

 

 

2019年8月26日 GBP/CAD 週足

 

 

 

ここにしっかり水平線があります。

そして下位足をみてみると

 

 

2019年8月26日 GBP/CAD

 

 

 

 

しっかり戻されています。

先日話した三尊(ヘッドアンドショルダー)が出ています。
このようなチャートパターンは出る場所が大事です。

今回週足の水平線で、下にいきそうな場面で下位足がブレーキがかかり
三尊(ヘッドアンドショルダー)ができた時点で勝負ありですね^^

そうすると、ここで一旦下がるのがわかるので
ショートを狙っていけます。

こういう場所を取るイメージです!

 

 

2019年8月26日 GBP/CAD

 

 

 

 

 

ここは生徒さんには推奨してないので
やらなくてももちろんおっけーです^^

チャートパターンと水平線がわかっていると
どこから下がるかがおおよそわかるため
絶妙なエントリーポイントを狙わなくても
大雑把にエントリーして、損切り少し深めのおけば負けにくいはずです。

 

今回の場合は週足の水平線からの折り返しですので
それに下位足が整っていけばもちろん一旦は下がるのがセオリーで、
そのセオリーに沿っていけば良いエントリーができます。

 

結局は王道が強いということですね^^

 

ここを事実ベースで捉えていくとさらに精度が増します。

それについてはこちらの記事を参考ください^^

 

 

事実ベース考えよう!リアルタイムで環境認識する時に初心者がやるべき作戦を紹介します遊人です!たまに、こういう質問を生徒さんから受けます。「リアルタイムでは見れないのですが、終わったチャートなら見れます」という話です。こ...

 

 

 

週足がどこにいきたがっているのか?
また日足がどうなるのか?

これがある程度わかるようになると
タイムフレームをパズルのように組み替えればどの時間足の動きも同じなので方向感は掴めるはずです

ちょっと違いますけど
意味合い的には先日の記事と似てますので
そちらも参考ください!

 

 

環境に合わせたトレードを!レンジの中でも自由自在にトレードできるコツを教えます遊人です!レンジの中でのトレードのコツを教えます。過去の記事にレンジのことをいっぱい載せてありますのでブログの検索窓に「レンジ」と打ち込...

 

 

 

まとめ

週足の折返しで下位足をみてみよう

下位足にはいろんな形があるため覚えておく

チャートパターン単体でみない

 

けっこう他の記事でも書いてますが
チャートパターンだけプライスアクションだけで
チャートを見てもデイトレードでは活かせません。

どこでチャートパターンがでるか?
プライスアクションがでるか?

これが重要になります。

まず流れがどっちにいくのかを把握したのちに
タイミングやデイトレでの環境の切り出しに
チャートパターンやプライスアクションを使います。

これを頭に入れてトレードしましょう^^

ではまた次回♪

 

 

One point advice

ここでポイントなのは
一旦でも下がる波が出る場所ならデイトレードではトレードできるということです。

タイムフレーム感というやつですね!
日足一本が陰線立ちそうなところを狙っていくのがデイトレードではいいです。

意識してください^^

関連記事