レンジ

【必読】綺麗にレジサポしていても負ける相場

にゃんこ先生です!

今日はレジサポとかも綺麗にしてるのに、伸びない波を見極める方法をご紹介します。

これを意識すると伸びない波に振り回されないので、期待値の高いトレードができます

 

日足の地図からみる伸びない場所

今日は普段見ないUSD/JPYのチャートを見てみましょう!

まずは日足から

 

 

2020年3月26日 USD/JPY 日足

 

 

日足でみると
100%戻し、つまりV字が完成しそうな部分です。

V字完成したところから逆行するのはお馴染みなので覚えておきましょう^_^

V字についてはコチラの記事を参考ください!

V字完成は危険!?方向感がしっかり出てからエントリーしよう!ダウから危険度を考えてみた!遊人です。先日、生徒さんに負けが多発ポイントをシェアします。上位足の背景から考えていくと結構わかるものなので覚えていきましょう!この考え...

 

 

そもそもですが、水平線は強度があり、そこにぴったり届かずに戻される現象があります。

それがまさに今回の波。

 

 

 

2020年3月26日 USD/JPY 日足

 

 

 

この辺に来ると売りが乱立してくるので、レートにとある変化が出ます。

それを次に紹介します。

 

 

 

レートの動きを察知する

売りが入ってくるところで
レートの動きを見てみると、何が起こるかというと動きが鈍くになります。

もっと端的にいうと、波がレンジかチャネル化し始めます。

それがこんなイメージ

 

2020年3月26日 USD/JPY 4時間足

 

 

このゾーンに来たときに
「あ、これ動き鈍いな、ということは一発上にあがったとしても戻しがあるからリスクあるな」

って頭に切り替え始めています。

 

 

この考えがないとこういう風に相場をみる人もいると思います。

 

 

 

2020年3月26日 USD/JPY 4時間足

 

 

 

トレードはギャンブル的な要素を減らしていくことが
勝ちを残していくことに繋がります。

 

 

これは生徒さんにも意識して欲しいことなので、さらにヒントに出すと。

ワイドレンジの際のところはこういう場面が発生し、さらに上位足の水平線をまたぐ時はこういうレートの動きしてないか注目してください。

 

もうひと伸びするかどうかのところは
最後のひと伸びなのでいかない場合も考慮しましょう!

 

気をつけること

まず、全体地図としてデイトレードでは日足でレートがどこなのかを意識してないと
俗にいう【だまし】に引っかかります。

逆に気をつければ、日足を味方につけてるので、期待値が上がるということです。

 

V完成を狙うのもいいのですが、レートの動きをしっかり見ていきましょう!

 

 

 

 

まとめ

下位足が綺麗でもすんなりいかない場所がある

上位足に答えあり

動き鈍い場所を把握する

レートの動きにも注目する

 

なぜその形を作っているのか?
というのを上位足からストーリー立てて話せるようになると負けが減り、勝ちが最大化していきます。

これは実体験でもあり、生徒さんを見ていて思います。

 

その理由としては

どこで待てば大波が出るのかがわかるため、波を逃さない可能性も高まり、期待値が最大化するというカラクリです。

 

このブログではそういうとこを書いていってるので
過去ブログもよかったら見てくださいね^^

 

ではまた次回♪

 

 

One point advice

上位足が絶対なのですが、この時に日足でなぜVが完成しなかったのでしょうか?

それにもちゃんと答えがあります。

週足の抵抗が手前にあるからですね^^
みてみるとおもしろいですよ!

関連記事