シナリオ

カップアンドハンドルとテンプレパターンの融合!デイトレレベルトレードポイントを探せ!

 

遊人です。

先日カップアンドハンドルの話をしました。

 

 

チャートパターンのどこをトレードしてるか想像しながらトレードしていくのが大事遊人です!今日は全戻しからの波を紹介します。ここがわかるようになると調整波のような一旦の切り返しの波も取れるようになります!ぜひ参考にし...

 

 

 

それに付随してこういうエントリー環境も出るよ!
ってパターンがあったのでシェアします。

 

 

テンプレパターンとカップアンドハンドル

カップアンドハンドルは
ブレイクする時や戻しの調整波の時
いろんなところででます。

ですが、前回も書きましたが
それだけでは不十分で上位足の環境認識ありきの話になります。

それを踏まえたうえで話して行きます。

 

 

 

まずこちらの画像をみてください。

 

 

2019年7月29日 EUR/JPY

 

 

 

 

チャートはEUR/JPYです。

4時間足で
カップアンドハンドルが出ています。
その中の1時間足がテンプレパターンみたいなのが出ています。

テンプレパターンはこちらを参照

テンプレパターンのチャネルブレイクとフラッグの違い!ペナントもついでに解説!遊人です!今日はチャートパターンの復習をしたいと思います!チャートパターンは無数にありますが、簡単なものから紹介します。タイトルに...

 

ダラダラ下にいく環境ですね。
下位足がダラダラ下にいく環境ということは
上位足の水平線があるので、買い圧力が強いことになります。

 

 

もっと簡単にいうと
上位足の買いが強いから下がる時はダラダラする
ってことですね^^

 

 

このダラダラ感がけっこう大事です。
相場が伸び悩む時とかはチャートがダラダラしてるはずです。
ローソク足が小さくなる場面で、下位足でチャネルのような波を作ってることが多いです。

それをあらかじめ知っておくと
利確やエントリーポイントが変わるので
それを察知できるようになりましょう。

 

 

さらにこれを踏まえた上で話すと

 

 

カップアンドハンドルを形成している時に
内部でテンプレパターンが出ていると
抜けてブレイクしたらカップアンドハンドルを完成させにいく
というイメージができるため
トレードポイントとして成立します

 

 

 

このようにイメージができる場所は
トレードポイントとして成立します。

根拠立ててトレード戦略を練ることができますね^^

 

 

まとめ

上位足の流れがないとどんな形も意味がない

カップアンドハンドルを作りに行くタイミングは内部の状況

内部がテンプレパターンでブレイクすれば一旦の波が出る

 

テンプレパターンのようにパワーを溜めていた後に
ブレイクしていけば、一旦流れがでることがあります。

例えば週足で重たい局面に来ていても
日足や4時間足でパワーを溜めていた後に
ブレイクしていくとデイトレレベルでは
一旦の流れが出てしまう可能性があります。

 

 

上位足ありきなのですが、上位足が最終どうなるか?
までイメージできるとかなり相場観が増します。

今回も一旦パワーを溜めていたために
方向感が出ていましたね^^

 

こういうデイトレード感を身につけて行きましょう!
あとはチャートパターンとテンプレパターンですね!

テンプレパターンもいろんなところで出ますので
チェックしてみてください。

 

ではまた次回♪

 

 

One point advice

上位足の環境が読みにくい時は
下位足に方向で方向感をみるのはありです。

例えば今回のようにパワーチャージをしていて
上に抜けたら一旦は上昇します。

そうすると必然と上位足は陽線が立つので
分析にも役に立ちます。

よかったら参照してください^^

 

 

 

PS

ちょっとおもしろいYoutube動画を見つけました。
まるで人生のようですね。

 

 

 

教育を受ける

生活が安定する

周りを助ける

みんな幸せになる

この流れが人生な気がしてます。
人間の本能的な欲求で種の繁栄というのがあるそうで
自分が安定すると種を繁栄させたい本能があるために
他者貢献したくなるらしいです。

僕もこのステージに行ってるかはわかりませんが
今ブログをなんで書いているのか?
って考えると少しは他者貢献ステージにいってるかもしれません。

関連記事