トレンド ローソク足 三種の神器 相場解説 考え方

日足のトレンドが出た時に注意すること1つ

投稿日:

遊人です!
今日は日足の押しについて話していこうと思います。
先日、日足のトレンドが出るとしばらくボーナス相場がでるのでオススメ!
と書きました!

昨日の記事はこちらから参照ください!

 

チャネルの攻略方法はレンジと同じ!上位足をみてブレイクポイントを察知しよう!

 

 

日足がトレンド
つまり勢いが強い状態です。

日足がトレンドの時の注意点があります。
それは日足のトレンドで4時間もトレンドの場合は
逆張りをしないことです

それについて解説していきます!

 

逆張りが危ない場所

日足がトレンド出ていて
4時間足もトレンドが出ている状況だと
必然とタイムフレームを待つのが1時間足以下になります。

そうなった時に4時間以上の足がトレンドだと
大量の資金(玉)が入っているため

1H以下が逆張りで入ってしまうと
押しが浅くなります。

逆勢力が強いからですね^^

 

 

 

 

これがチャネルができる原因でもあります。

日足や4時間がトレンドの時は
逆張りを狙わない(調整波を狙わない)方がいいということです。

大きな時間軸の流れに沿った方が当たり前ですが
大きく利を伸ばすことができます。
(スキャルピングは別)

 

 

反転を狙えるところ

日足でトレンドが出ている最中ですが
逆に調整波を綺麗にトレードできるところがあります。

それは水平線で止められて戻されるところです。
そこでとあるローソク足がでたら逆を狙っていきやすい状況になります。

生徒さんにはよく言っている過熱感が収まるというやつですね^^

過熱感についてはこちらを参考ください!

具体例!長期足と同じ目線をもってデイトレードをするのが鍵!

ちなみにこの記事のURLを見るとちゃんと
「かねつかんがおさまってから」
って書いてます笑

 

 

水平線があり、過熱感が収まったのちに
調整波を仕掛けていくのですが、その時に参考にして欲しい記事がこれです

【必読】調整波とシナリオ構築方法!大きなレンジは二段に分けてとる!

 

日足のトレンドでは基本その流れに乗っておき
水平線で止まる位置を察知したのちに、
調整波も取っていくということですね^^

 

 

 

 

まとめ

日足&4時間がトレンドの時は押しが浅いためトレンドフォローを心がける

調整波を狙うなら水平線で止まる位置を察知しておく

止まった後に止まった事実を確認する

 

 

今回のをみていただ通り
僕のエントリーする時に見る項目が決まっています。

順番に見ていてば、自ずと好勝率のところが浮かび上がってきます。
(今度やる合宿にはこちらを一人一人に合わせて作る予定です♪)

僕のトレードの考えは曖昧さを消せば確率論で収束し
プラスの期待値を持てるといったものです。

トレードでは確実な場所は存在しませんが
プラスの期待値に偏っているところはけっこうあります。

そこに自分の大事な資金を投じたらいいわけですね^^

 

この記事では、危ないところでは手を出してはいけない!
それはなんで?
ってところの部分を解説しました。

トレンドに乗っていけるトレーダーになりましょう!




ちなみに余談ではありますが
自分の手法が逆張りだと思っている人の大半は
下位足の順張りの可能性が高いです。

では、また次回♪

-トレンド, ローソク足, 三種の神器, 相場解説, 考え方

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.