レンジ

ライン際は攻防している!?損切りが深くなる場所?大きく動く波はレンジを抜けてから狙う!

※最後にプレゼント兼お知らせがあります。

遊人です!

昨日抜けたら狙おうかなーって思ってた通貨がありました!

そのシェアです^^

攻防の決着が着くかどうかをみているので
見込みではいると負けやすいポイントでもあります。

簡単にいうと
レンジを抜けないとレンジって話を今からします笑

 

ラインを抜けないとレンジはレンジ

まずはこちらの画像をみてください!

 

2019年6月5日 EUR/AUD

 

ラインがこのように弾けるので
こちらを抜けてからエントリーを考えていました。
画像のイメージですね^^

 

しかし、結果は抜けずにレンジ内部に戻っていきました。

 

2019年6月5日 EUR/AUD ブレイク失敗

 

 

ということはブレイクを失敗しているので
ここはノーエントリーということですね^^

僕は静観していました。

僕は抜けてから考えます。

ただ、スキルがある程度ついて
どこから波が伸びるのかがわかるようになってくると
レンジ内部から入ったりします。

そうすると逆行されて損切りになります。

 

 

 

ライン際で気をつけること

実はちょっとしたスキルある人ほど負ける傾向があります。

ライン際では買いと売りが勝負しているので
見込みで入ると大抵負けます。

(さらにスキルが体得してる人は内部から入れる場所を察知して入ってもOK♪)

しかも損切りを少し深めに置いてたくらいでは
GBP系は特にですが、損切りにかかります。

今回のEUR/AUDのように
「イケイケー!売りだー!」
ってなってた人が下限に来た時に
「やべ!撤収!」
ってなるからです笑


戦略的な利確の方もいると思いますけどね^^

 

攻防に負けると
一気に逆行されるので損切りを20pipsとかの固定でも
捕まってしまう場合がほとんどです。

特に今回は4時間足レベルなので
まぁまぁなパワーがあります。

注意点としましては
しっかり抜けて流れが出たのを確認してから
エントリーです!

 

 

まとめ

ライン際は攻防があるため基本的に内部で入らない

4時間以上のレンジでは幅がでかいので損切りが深くなる
もしくは損切りになる

抜けてから大きい波が出るのでそれまで待つ

 

 

僕の現時点のルールでは
基本的にGBPやGOLDなどのボラが大きい通貨は−20pips
他は−10~15pipsくらいが平均になってます。

それに引っかからないようにトレードしています。

じゃないと高ロット張れないんですよね、僕の場合^^;


ライン際はしっかり事実ベースで判断していきましょう!

レンジ内部を取るときも同じです!

レンジの取り方のイメージはこちら!

レンジの内部の攻め方

 

 

PS
今日はプレゼント兼お知らせがあります!

Twitterかインスタグラムで僕のブログをシェアしてくれた人に

僕がよくいっている
‘’事実ベース’’ってなんのことか?

ってことを書いた資料をお渡しします。

(全部書くと説明が長くなるため、一つ簡単なのをシェアします)


 

手動で2人以上にLINE@を紹介してくれてもおっけーです!

その場合紹介された側が
「〇〇さんの紹介できました!」
っとメッセージ送ってもらうようにしてください^^

僕の生徒さんは知っていることなので
資料なくてもおっけーです笑

ブログだけみてくれている方はよかったらシェアください!

シェアしたら、そのスクリーンショットをとって
LINE@で送ってください。

 

まとめると

・LINE@を二人以上に紹介
紹介された側が
「〇〇さんの紹介です!」
とメッセージ送ってもらい
二人確認できたら渡します。

 

・TwitterかInstagramで僕もブログをシェア

⇨このブログURLを貼ってもらうだけでおっけですー^^

シェアしたところのスクリーンショットかURLを見せていただき
確認取れたら資料送ります。

 

 

こういうのは初めてなので
どれくらい反応あるかわかりませんが、とりあえずやってみようと思います。

事実ベースって考えればめちゃ簡単なのですが
初心者の頃は
「はやく教えてくれよ!てか考えれば当たり前か!」
って僕が思ったことなので笑

無料で配布なので資料も簡易で作りましたが

内容が伝わればなんでもいいかなって思って作りました。

では、連絡お待ちしています^^

LINE@に登録してない方は下から登録できます!




関連記事