レンジ

日足のレンジの中のを考えよう!レンジの区分してトレードポイントを考えてみた!

日足のレンジの中のを考えよう!レンジの区分してトレードポイントを考えてみた!

遊人です!
今日はレンジについてです。

レンジトレードは幾度となく紹介してますので、
そちらも参考ください^^

チャートパターンだけで相場見ても意味はない!チャートパターンの位置を考えてみた遊人です!今日はチャートパターンの位置についてです。チャートパターンは確かに有効ではありますが、出る位置が大事です。これがわかっていない...

レンジのトレードで止まる位置がわからない人もいると思ったので
トレードポイントと合わせてシェアします。

 

 

 

まずはどんなレンジか考えてみよう!

レンジって種類があります。

ペナント
ボックスレンジ
などなど、ありすぎるので割愛しますが
いろいろあります。

そのレンジがどうなっているかまず把握しましょう!

今回の画像はこちら!

 

 

2019年8月18日 EUR/CAD

 

 

 

 

 

通貨はEUR/CADです。
日足のレンジになりますね!

これは大きなレンジ
つまりワイドレンジになります。

ワイドレンジについてはこちらを参照

 

 

ドル円を徹底分析!週足のワイドレンジとカップアンドハンドルで下落を見極める!遊人です!Twitterを見ていたら「ドル円が下落している!ありえない!」って書いてた方がいたので本当にありえない相場なのかチェックして...

 

 

 

 

この場合は真ん中で真っ二つに割れていて
とてもわかりやすいチャートになっていると思います。

これがわかっていると
利確ポイントがわかるため
こういうところがエントリーできます。

 

 

 

2019年8月18日 EUR/CAD

 

 

 

これは僕が推奨していて
しかも僕の得意パターンでもある
レンジ上限から仕掛けていくパターンですね^^

言語化すると
ワイドレンジになっていて
上限からショートをしかけて、真ん中までということになります。

ここで移動平均線など出している人は
ちょうどこの真ん中に移動平均線があるはずです。

なんでわかるかというと
移動平均線はレンジの真ん中を通っているからです。

価格の平均値ですからね^^

 

 

あとはエントリータイミングの問題です。
ここでわかっておかないといけないのは
レンジの上限から仕掛けているというのをわかっておく必要があるということです。

これがなんでここから下がっているかわからない方は
少し相場の分析力が甘いと思っていますので
ぜひ理由も考えてみてください^^

 

 

 

まとめ

レンジの中でも種類がある

ワイドレンジだと利確ポイントに気をつける

レンジの中でもどこを取っているかを意識する

大きな時間足のレンジは内部ではトレンドの可能性がある

 

 

なぜレンジの記事を書くのかというと
相場はレンジが多いからです。

巷では相場の8割はレンジとも言われています。

その観点からいくと
レンジトレードを覚えてしまった方が現場的ですよね。

小さな時間足のレンジは取らなくてもいいですが、
今回のように日足のレンジだと美味しいので
ぜひマスターしましょう^^

ではまた次回♪

 

 

PS

今日は勉強会がありました。
そこで会場を見渡してみると、生徒さん同士が教え合いをしていました。

しかも的を得て教えています。

実際に生徒さんでは勝っているだけではなく
勝ち続けている人が多いです。

その方から直接の経験値を教えてもらえる環境って
とても貴重だなって思っていました。

本とかで培った知識ではなく
経験値を聞けるのは本当に貴重です。

それだけでも価値がありますね^^

僕が初心者の頃には喉から手が出るほど欲しい環境でした。
「勝っているトレーダーなんているのか?」
って思ってましたからね笑

これからもこの環境がパワーアップしていくので
楽しみで仕方ない今日この頃です。

関連記事