シナリオ

買いツッコミや売りツッコミをしないコツはレンジの場所にヒントあり?

 

にゃんこ先生です!
玉だまりというのを意識していますか??

これを意識すると
俗に言う

 

買いツッコミ
売りツッコミ

 

をしなくなります!

自然と負けが減りますね^^

これについて書いていきます

 

玉溜まりを考える

玉だまりというのは
平たく言えば
レンジです。

玉(ぎょく)というのは未決済のポジションですね。

簡単なのですが、レンジにはそれなりのパワーが溜まっています。

その原理についてはこちらの記事を参考ください^^

レンジの長さが相場に関係する?玉を溜めている状態をみてスムーズに伸びる波を取る!遊人です!レンジの長さって考えたことありますか?実は長さって関係あるんですよ^^実はこれを見つけることで簡単に波が大きく伸びるところを察...

ということはそれを逆手にとってしまって
シナリオ考えます。

まずは図レベルで解説します。

 

 

玉溜まりから離れたところは危ない

まずこのようよに玉溜まりを作ります。

 

 

 

 

レンジを抜けて、波の勢いが出て
伸びていきますが、しばらくすると失速します。

 

 

イメージ図

 

 

よく生徒さんとかに説明する時に
「波が伸びきっている」
と表現するのですが、まさにこれがその状態ですね^^

ということはそこから買いポジションを持つのは
伸びれば伸びるほど危ないわけです。

 

 

仮想通貨バブルみたいなのがあったときに
伸びきっている時に買っている人がいましたが
リスキーだったということですね。

 

できるだけエントリーする時は
玉だまりに近い根っこからエントリーしていくのが
大きくpipsを取るコツです。

 

実際のチャート

実際のチャートをみてみましょう!

 

 

2020年3月19日 GBP/JPY 1時間足

 

今回は頻繁に現れる1時間の玉だまりで解説します



1時間足で玉だまりを作っていて
そこを抜けていくとそのまま上昇していきます。

 

補足ですが1時間レベルと玉だまりと4時間レベルの玉だまりでは
強さも違うため、伸びていく長さや距離(pips)も違うということです。

 

 

そして1時間足である程度伸びきった後だと
動きが失速します。

 

 

 

2020年3月19日 GBP/JPY 1時間足

 

 

この時に玉だまりから離れているので
そこではエントリーしないのがいいです。

「これだけ上がったからまだ上がるだろう」
って考えでエントリーする人は
買いツッコミや売りツッコミしがちな人です。

こういうあいまいな根拠でエントリーするって
ギャンブルと変わらないので、しっかり根拠を持ってエントリーしましょうね^^

 

 

まとめ

玉だまりは伸びやすい

玉だまりから遠い位置でのエントリーは危ない

何時間足の玉だまりが見極める

 

玉だまりから遠い位置での
エントリーは上位足の伸び幅を考えれないと
危ないと思います。

逆に僕はレンジを見つけた時は
美味しい波がでるぞーって思ってみてます。

レンジも考え方次第ではかなり使えますしね^^

自分ごとですが、僕はレンジの中のトレードが結構好きです。

レンジの中はエントリーできるポイントがわかりやすいためです。
一応、YouTubeでもそのことを言ってるので、見てくださいね!

 

 

ではまた次回♪

 

 

 

PS

仮想通貨バブルの時にかなり高騰している時に
僕の知り合いも買っていて、数千万円くらい損したってのを何人から聞きました。

これは利確ポイントつまり出口戦略を決めてなかったからですね。
なんとなくやっていたみたいな。
こういうわからない人がカモられます。

引用:インベスターZ

 

 

ちなみにお金の器ができていなくて、一発当てたにもかかわらず
今は借金に追われている人も少ないですが、います。

これについてはラジオで語ろうと思うので、楽しみに^^

 

エントリーする時は利確までしっかり考えましょうね!

関連記事