チャートパターン ローソク足 三種の神器 相場の仕組み 相場解説

【EURUSD相場解説】日足ダブルトップを根拠にした売り戦略とは

更新日:

やまだです^^

今回の記事は、2019年11月6-8日にかけてのEURUSDの相場解説です。

日足のダブルトップ完成から、売り戦略を考えられる比較的分かりやすい相場だったと思います。

日足でダブルトップを完成させるには、4時間足が下降トレンドを作るしかありません。

そのため我々デイトレーダーにとっては狙いやすい相場環境だったはずです^^

 

EURUSD環境解説

日足環境解説

EURUSDの日足環境チャートです。

  • 日足レベルでのダブルトップ
  • トレンドライン割れ

以上2つの点から、日足のダブルトップ完成をイメージして、売り戦略を考えやすい形でした。

日足での大まかな流れをイメージ出来たら、次は下位足である4時間足でエントリーポイントを探っていきます。

 

4時間足環境解説

EURUSD4時間足のチャートです。

日足ダブルトップをきっかけに、リズムを作って下降トレンドが続いています

このリズムに乗ってショートトレードを仕掛けるのが基本戦略です。

 

日足と4時間足をフラクタルで理解する。

日足と4時間足チャートです。

日足のダブルトップが完成する時は、4時間足で下降トレンドが発生します。

逆に言うと、4時間足で下降トレンドが発生しなければ日足のダブルトップは完成しません

フラクタル構造を理解して売り戦略を考えましょう^^

 

まとめ

今回の記事では、EURUSDの相場を解説しました。

「波をイメージする」と言うのはトレードに必要な要素です。

波のイメージを根拠にシナリオを構築します。

と言うことは、波のイメージができなければシナリオは構築できません。

 

波のイメージを考えるには、フラクタルを理解することが絶対に必要です。

トレード成績が安定しない方は、自分がフラクタルを理解できているか?を一度、考えてみると良いかもしれませんね^^

「日足のダブルトップを完成させるには、4時間足が下降トレンドを作るしかない」の意味がパっと理解できない方は、フラクタルを理解しきれていない可能性があります。

自分のペースでチャートリーディングを習得していきましょう^^

-チャートパターン, ローソク足, 三種の神器, 相場の仕組み, 相場解説

Copyright© FX island , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.