トレンド

日足の陽線が陰線が立つのがわかればデイトレードはやりやすい!

遊人です!
今日は日足の陽線か陰線かある程度予測できる場所を考察していきます。

これは僕がけっこう意識していることでもありますので、
参考にしてください!

 

 

日足のローソク足がわかりやすい場所

まずこの画像をみてください。

 

2019年5月10日 EUR/JPY

 

上から降りてきて日足が2~3本の陰線が出ています。
下がってきて、水平線(ゴール)に当たった時に下ひげのピンバーが出ています。

 

ピンバーのことはこちらの記事参照

ローソク足の癖をみて狙ううち!

環境認識にもピンバーを使う

 

 

ということはここで流れが終わりだよ!
というサインです。
日足レベルでこのサインがゴール付近で出たら基本的に
戻る性質があります。

なぜかというと水平線は大口の買いと売りの心理そのものだからです。

自分がエントリーしててゴールってわかっているのに
決済しない理由ないですよね?^^

日足でゴールにたどり着き
日足ピンバーで下にいかないサイン。

これでほぼ上が確定ということです。

絶対はないのでほぼと表現させていただきますね。

で、実際は次の日に陽線立っています。

あとは下位足で整ったらロングでおっけーでしたね^^

 

 

日足の陽線や陰線が出やすい場所を把握すると!?

デイトレードは当たり前なのですが
日足1本を取りに行くトレードです。
1日で終わるのがデイトレードですからね。

ということは、それがわかるとまず負けにくいですよね。

神様がいて
「今日は陽線だよ」
と、囁いてくれたらロングしかしないでしょ!笑
って話です

神ではないですが

実はこういう
ほぼ陽線や陰線が予測できる場所ってのは
何パターンかあります。

 

 

まとめ

1.トレンドには終わりがあることをわかる

2.ゴールポイントにきたらローソク足の形をみる

3.下位足でエントリーを探す

4.トレンドが出ても慌てなくて良い、折り返しもくる

 

 

こう言う波は
いつでも現れるわけじゃないですが、
こういうパターンがたまに現れるのです。

ということはトレンドが出た後を逃しても
折り返しをとれるので焦らなくて良いってことですね^^

陽線や陰線がほぼ出るのでどっしり構えていればいいです。
僕はスマホトレーダーなのですが、これがわかるからスマホでできているってのもあります。

だって、陰線か陽線わかればそこだけ見れば良いので
あとは絶好のタイミングでエントリーすればいいだけです!

環境分析を徹底しておおよその波がどっちにいくかを
理論立てていきましょう!

 

過去記事にも環境認識の解説とけっこう載せていますので

ぜひ
参考にしてみてください♪

 

PS

先日LINE@に登録している人限定で、
アンケートを取らせていただき
いろんな方からメッセージをもらいました!

ありがとうございます^^

コミュニケーションをしていきたいですので、
こうやって話できるのは僕も楽しいです。

のちのちオフ会とかでワイワイできたらなーっとも思っています♪

LINE@で通知しますのでよろしくお願いします^^

下から登録できます!

関連記事