シナリオ

通貨相関を見よう!クロス通貨で伸びる方向を予測するとさらに精度が上がる

遊人です!
今日は相場のことなのですが
どちらかというと豆知識的なものです。

ドル(USD)が付いている通貨を
ドルストレート

それ以外の通貨を
クロス〇〇と読んだりします。

クロス円とかですね^^
(JPYがつく通貨です)

これは相関性があり
通貨相関と呼ばれたりします。

今日は通貨相関の話です!

 

簡単に覚えれる通貨相関

今回は〇〇が買われている!
とか難しいことではなくて
実践的に通貨相関を見る方法を書いていきます。

 

USD/JPY
ドル円と呼ばれる通貨です。

ドル円は<USD>が前に来ています。

<USD>が後ろについている通貨は逆にいくと思ってください

EUR/USDなどです。

USD/JPY ↑
EUR/USD ↓

 

というイメージです。

 

USD/JPY ↑
USD/CAD ↑

<USD>が前に来ていますので、
方向感が似たような感じになります。

USD/JPY ↑
EUR/JPY ↑
GBP/JPY ↑

という場合もあります。
これはJPYが買われているという状態ですね^^
後ろに<JPY>が付いている通貨が軒並み↑ということです

 

 

 

これをみながら方向感をある程度決めていくことも可能です。
しかし、これらはあくまで目安です。

一つ一つの通貨ペアごとのテクニカル分析が一番最優先事項で

「GBP/JPYが上がってる!GBP/AUDも上がるだろう!ロング!」
ってのはかなり危険ということですね

 

テクニカルをみてからいきましょう!

 

通貨相関は通貨ペア選定のヒントにする

僕が実際どうしているかというと

GBP/JPYが下がりそうなテクニカルとしていたとします。
それを軸に他の通貨ペアをあぶり出していきます。

前にGBPがつく通貨をみて、下がりそうなテクニカルが出ていたら
それも根こそぎいくこともあります。

GBP/JPY ↓
GBP/USD ↓

どっちもショートという感じですね^^

実際のチャートをみていきましょう!

 

2019年5月20日 GBP/JPY

 

 

 

GBP/JPYが下がっています。
(リアルタイムで下がりそうと思っている)

ここをGBP/USDをみてみると
まったく同じように下がっています

 

2019年5月20日 GBP/USD

 

 

つまり!一つ美味しそうな通貨を見つけたら
他の関連通貨をみて、形が綺麗なやつを選択するもよし
同時に入るのもおっけーということです^^

これで通貨ペア選定が楽になります。

 

 

まとめ

通貨相関はあくまで目安

一つ一つの通貨ペアごとのテクニカルを重視する

通貨ペアを選ぶ時に一つ美味しい通貨を見つけたら芋づる式に美味しい通貨ペア考える

 

 

通貨ペアは強弱とかみたりする人がいますが
どっちかというとテクニカルがみれた方がいいです。

あくまで目安でやるくらいが一番良いと個人的に思います。

 

ただし、目安にはなるので
どちらの方向に伸びやすいか?
というのはわかりやすいので僕も常に頭の片隅に入ってます。

特に僕はクロスポンドをやるので

GBPがつくものは根こそぎいきます。
ボラが大きいからコストパフォーマンスがいいからです。

 

 

通貨相関をみて
テクニカルをみて絞っていきましょう!

そうするとさらにテクニカルの精度が増すはずです。
余裕がある方は考えてみてください^^

 

 

PS

 

2019年5月21日 EUR/AUD

EUR/AUDが下がっていきました!
大方予想してた動きをしてくれましたが、
窓を開けて少し形を崩しました。

なので、難しい方はスルーでおっけーですね^^
明日も明後日も相場ありますので慌てずにいきましょう!

毎日だいたいどれかは流れが出ているので
それを狙い撃ちにしていくだけですね!

関連記事