ダウ理論

失望売りを見分けるコツを教えます!チャートパターンを覚えても意味がない理由とは?

遊人です!
チャートパターンって出る場所
全体のどこにレートがあるか?が大事って知っていましたか?

これ単体だと全然、俗にいう’’だまし’’が発生します。

そういう意味では環境がわかってないと
相場は嘘つきに見えるかもしれませんね笑

このチャートパターンの解説を軽く解説したいと思います。

 

 

チャートパターンを覚えても意味がない?

まずは、こちらのイメージ画像をみてください。

このイメージ画像が僕の学校では
模式図と呼んでいます。

チャートを線にしたものですね^^

 

 

 

 

名前は特に覚えなくて良いので図だけ書いています。

これは矢印の方向に流れていくのがセオリーなのですが、
実はこれは間違っています。

「え!三尊(ヘッドアンドショルダー)でたら下にいくんじゃないの!?」
って声も聞こえてきそうですが

これは場所(環境)ありきです。

 

 

例えばこうみるとどうでしょうか?

 

 

赤で、もう一つのイメージを書き込んでおきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

チャートパターンだけでは
赤のように逆にいくことがあります。

これをたまに’’だまし’’と呼んでいる人がいますが
実はそんなことはありません。

そう思うのは相場の分析力が少し甘いです。

 

 

実は、これが失望売りなどのカラクリです。

チャートパターン的に上にいくはずのところが
上位足を見ると下にいくので、そこで買いをいれていた人が
「あーこれ以上あがんねぇわ」
って決済し、売りが入っているのと決済の売りが入るからと言われています。

 

ということはチャートパターンから
失望売りの場所が把握できたりしますね^^

失望売りについてはこちらの記事も参照ください!

 

トレンドは明確な転換シグナルがでるまで継続する!という性質を考えてトレードしてみよう!遊人です!
今日の記事は、人によってはかなりキーになる記事かもしれません。ダウ理論についてです。ダウ理論には6つのがルールがあり、それを...

 

 

 

 

結局どこで、プライスアクションやチャートパターンがでるかです。
それ単体ではデイトレ以上の環境だと、使えない場合があります。

これについてはこちらの記事も参照してください

 

 

 

全体地図を把握しよう!デイトレードなのに週足や月足を見る理由とは?遊人です!今日は月足や週足の話です!実は先日書いた記事にEUR/AUDを書いたのですが大きな下落することがある程度予想できました
(ここ...

 

 

 

 

環境のヒント

全体地図を見るといっても難しいと思うので
僕が初心者の頃に培った感覚を少しシェアします。

相場は上がり下がりを繰り返します。

それは水平線が存在していて、そこから逆行を始めていってるからです。

ということは
大きく上がった場合、どこかの水平線に当たって戻される可能性が高いです。

大きく上がり
水平線にぶつかり
ダブルトップや三尊(ヘッドアンドショルダー)ができるとどうなるでしょうか?

イメージはこんな感じです

 

 

 

 

 

 

大きく上がっても切り返しが存在しますので
それを狙えばいいです。

下も上も取れると
毎日エントリーがありますね^^

 

 

僕は最初こればっかりやっていたので
自然と調整波が得意になってしまいました笑

大きく上がっても、水平線に当たり戻ってくる
そこでのチャートパターンができると意味がある

 

これは環境認識の1パターンですが
考え方の基礎ですので覚えておいてください!

 

まとめ

チャートパターンは上位足の環境ありき

水平線と一緒に考えると最初はわかりやすい

上位足のチャートパターンも考えると良い

 

 

 

上位足のチャートパターンをさらに組み込むと相場がよりシンプルになります。

「上位足のこのパターンのこの場所を取っている」
というのは常に僕がトレードする上で考えいますし、勝っているトレーダーみな考えていると思います。

上位足のチャートパターンも水平線が絡んでいますので
ぜひ、考えてみてください!

ちなみに上位足のチャートパターンはこの記事がオススメです。

ゴールドが動き鈍くなった理由はこれだ!月足から分析するチャートパターン!遊人です!以前、このような書き込みをしておきました!


一応リンクも貼っておきますね^^トレンドポイントを察知するなぜそれが動き鈍くな...

木ではなく、森をみていき
木を活かしましょう!ってことですね!

塾考ください!

では、また次回♪

関連記事