チャートパターン ローソク足 三種の神器 相場解説

上位足がどのような形になるか考えながらデイトレード最大幅を取ろう!

更新日:

遊人です!
今日は上位足の背景の話です。
このブログはどちらかというとそれがメインなのですが

この上位足がどのように動くのか?
をわかることで、下位足のどの場所がエントリーに成り得るか?
がわかります。


これを今日は分析していきましょう!

 

 

上位足の気持ちを考えてみよう!

 

まずは日足以下のチャート画像をみてみましょう!

 

2019年9月19日 EUR/AUD

 

 

通過はEUR/AUDで、縦線入っているところが解説したい場所です。

 

これをみると日足が調整波で
4時間足が一旦の上昇を作っていますね^^


余談ですが
デイトレードでは4時間足の流れを取れると
コンスタントに50pipsくらい取れますので覚えておいてください

そしてどの時間足がチャートパターンが出ていたかというと
週足になります。


日足でも確認できるのですが
週足だとか確認しやすいです。

 

 

2019年9月19日 EUR/AUD 週足

 

 


カップアンドハンドルが完成しそうな場面ですね^^
完成するかどうかは置いておいて内部構造がチャートパターンを作りに行けば
そこは絶好のトレードポイントとして成立します。


これは実は前に解説したことあるパターンで
時間軸が変わっても同じです。


この記事では時間軸が違うけど本質は同じこと言っています。

ゴールドが動き鈍くなった理由はこれだ!月足から分析するチャートパターン!

そしてここでのエントリーポイントは
内部で切り上がり等は確認したいので、この辺りになります!

 

 

 

2019年9月19日 EUR/AUD

 

 


EUR系にしてはボラも多く良いトレードポイントだと思います!

4時間足のレンジ帯も抜けているので
上に行く流れが既に出ている場面でしたね^^

 

 

まとめ

デイトレードでも週足の形をわかっておくと良い

高勝率&高リスクリワードを目指すには上位足の流れに乗る

上位足に合流するところはデイトレードで美味しい

 


今日僕が言いたいのは
上位足でどこを目指していこうしているのか?
これを考えていこうということです。

上位足の動きの中のデイトレードなので
もちろん高リスクリワード、高勝率ですよね^^


「あれ?すごい伸びたな・・・」
って思うチャートはよく見るとほとんどの場合は上位足に合流する波です。

これをデイトレードに組み込めるようになれば
相当強い武器になります。

しっかり味方につけていきましょう!


今回は週足の気持ちを考えてトレードですね!

ではまた次回♪

 

 

One point advice


最低でも日足を味方にできるところを
トレードしていけば、基本的には大きく取ることが可能です。

日足以上の方向感を養いましょう!

-チャートパターン, ローソク足, 三種の神器, 相場解説

Copyright© FX island , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.