ダウ理論

慌ててエントリーする人へ水平線を抜けた後のエントリータイミングはここになります!

 

遊人です!

今日は難しい相場ではありますが
レンジで普遍的な波がでましたので、シェアしたいと思います!

生徒さんでも取っている方がいて
レンジトレードをマスターすればトレードチャンスが増えるので
覚えておいて損はありません^^

 

レンジの中で水平線を抜けた後に

レンジの中でも一緒で
基本的にはレートは水平線の中を移動しているイメージです。

レンジの中でも環境で確定的に取れるところがありますね。

 

それはこの記事にも書いています。

 

 

 

普遍的な流れをしっかり取ろう!ダウの転換サインがはっきりしてるところは取りやすい!遊人です!今日はV字戻しやレンジの上下限で、この形がでると堅くエントリーできるパターンを紹介します。このパターンは綺麗に出ることが少ない...

 

 

 

そして今回はレンジの真ん中⇨下段の攻め方です。

 

これはかなり相場観がいるのですが
見ていきましょう!

 

 

2019年10月12日 GOLD

 

 

 

まずはこれが全体の環境で
レンジが二手に分かれています

ということはワイドレンジになります。

真ん中の水平線を抜けたあとに
この様に小さな塊を15分足ができてます。

 

 

2019年10月12日 GOLD

 

 

普通下に伸びた後に
ゴールに着くと逆行されるのですが
それがなく、その場にとどまっています。

そして下にはまだ伸びしろがあるので、その小さな塊を抜けていくところは
おいしいポイントになります。

 

 

 

 

 

ストーリーを考える

今回のストーリーを追っていくと

 

 

1、ワイドレンジなっていることを確認

2、レンジの真ん中から下限に向けてのトレードポイントである

3、水平線を抜けてから足場ができている

4、まだ伸び代がある

 

 

 

この足場の話はこちらにも書いています。

 

 

【必読】逆行を防ぐ!?勢いよく上がった時に足場がない場合は一旦戻しが入ります!遊人です!今回は戻しを察知の仕方になります。これがわかると戻しに引っかからずスムーズなトレードができるようになります。水平線が引ける前提...

 

 

 

 

 

今回のポイントは
水平線を抜けても慌てずしっかり押しや戻しを待つことですね。

そこからトレードしても幅が確保されているので
慌てなくて良いトレードです。

 

トレードポイントは無数にありますが
リスクが少ない場所ってなるとある程度限定されてくるものですから
慌てず、低リスクで高リターンのところを攻めましょう!

 

 

 

まとめ

環境でどこがトレードポイントかわかっておく

慌ててエントリーしない

押しや戻しを作ったところから入るのがコツ

 

 

うまいトレーダーはこういうことを自然とやっています。
引きつけて入るから、リスクリワードもいいし、トレードに自信をもてます。

これが勝ちを残していくという考えですね!
負けを減らすという考えでもあります。

勝ちトレーダーに話を聞いてみると
「どれだけ勝てるか?」
ではなく
「どれだけ負けないか?」
ってことに注力を注いでいます。

 

それがとても大事だと思っていて、
今回も慌てて入らず戻りを最低でも15分足で待ってから入っています。

今、慌ててエントリーしている方は少し見直してみてはいかがでしょうか?

 

ではまた次回♪

 

 

One point advice

押しや戻しって2種類に基本的にわかれます。
それはどんな形でしょうか?

よかったら考えてみてください^^

関連記事