チャートパターン

チャネル抜けは勢いが強いので一気にpipsを稼ぐチャンス

 

にゃんこ先生です!
今日はチャネルの波の紹介です。

チャネルは面倒な波と捉えられがちですが、逆手に取れば大波を取れるチャンスです。

 

チャネルは斜めのレンジのようなイメージで

買いと売りが勝負しています。

 

買いと売りが勝負して、ラインを抜けてしまうと一気に波がでます。

 

この記事を読んでもらえば、チャネルのコツが掴めるはずです。

 

利確ポイントのコツまで今回はシェアします^^

 

ちなみにチャネルのことは
「チャネル」「テンプレ」とブログの検索窓に入れてもらえればいっぱい記事出てきますので調べてみてください!

 

日足の押し安値付近の水平線

 

 

日足の波形がこうなっています。

通貨はGOLDになります^^

ちなみにチャートパターンは
Bitcoin
GBP/JPYなど

も考え方は同じになります。

人間心理ですからね!

 

 

2021年4月13日 GOLD

 

 

状況的にいうと日足の押し安値付近にレートがある状態です。

 

ここから切り返してくる可能性が高いので、そこを狙い撃ちにします。

 

ちなみに押し安値で一旦上に戻す時に、有名なチャートパターン

三尊(ヘッドアンドショルダー)
ダブルトップ

 

などがでます。

 

 

 

 

次に4時間足以下を見てみましょう!

 

 

 

4時間足以下がチャネル

 

 

4時間足以下をみるとしっかりチャネルになっています。

 

2021年4月13日 GOLD

 

 

ということは、日足でもう一度上に上げてくるというプロセスがあるため

 

チャネルを上に抜けると大きく伸びることがわかります。

 

 

2021年4月13日 GOLD

 

 

この時にチャネルの下限を更新しなかったのをしっかり1時間で確認することが大事です。

 

 

2021年4月13日 GOLD

 

 

 

しっかり確認したら上がるのを待つだけなので、あとはタイミングだけですね^^

 

 

 

 

 

日足の環境をみて利確ポイントを決める

 

日足がワイドレンジになっているため、上限まで行かずに半分あたりで止まっています。

 

2021年4月13日 GOLD

 

 

僕の区分けのイメージとしては

 

日足がトレンド
4時間ワイドレンジ

の場合は上限までいく

 

日足がワイドレンジ
4時間もワイドレンジ

の今回のような場合は、ワイドレンジの真ん中で止まるイメージがあります。

 

 

これはあくまで目安でケースバイケースになりますが、ご参考になればと思います^^

 

 

 

まとめ

日足の押し安値(戻り高値)付近の抵抗の攻防みる

チャネルになり、ラインを抜けたら大きく伸びる

チャネルの中は勝負しなくてもいい

ラインを抜けたら引きつけてエントリー

 

チャネルの中は熟練度がある程度必要なので、基本やらなくてもいいと思ってます。

 

理由としては今回のようなチャネルは伸び幅がない場合が多いからです。

 

 

日足や週足のチャネルで、幅があるところは別ですが、4時間以下のチャネルの中は幅が少ないです。

 

特にGBP/JPYやもっとボラが小さいUSD/JPYみたいなのだと尚更です。

 

 

チャネルだと判断した場合は、さけて抜けるのを待ちましょう!

 

大波トレード気持ち良いですよ^^

 

ではまた次回♪

関連記事