トレンド

【MTF】トレンドの時のマルチタイムフレームの見方

にゃんこ先生です!

今日はトレンドが強い時のマルチタイムフレーム分析の仕方について紹介します。
(マルチタイムフレームは通称(MTF)と呼ばれ時間足を総括して分析する方法です。)

強いトレンドは強トレンドと僕は呼んでいて、他の記事にも出てきてるので、そちらも参考ください!

上位足のトレンド合流地点が鉄板!1トレード100pips以上取るには大波に乗れ!遊人です!1回のエントリーで100pips以上取る方法知っていますか?しかもデイトレードでです。それは日足以上の波に乗ることですね!
以...

 

 

 

どの時間足がトレンドなのか考える

トレンドが出ている時に僕が気を付けていることは、タイムフレームを順番に見ていくということです。

 

 

例えば、上昇トレンドと仮定して

日足→トレンド
4時間足→レンジ
1時間足→トレンド

 

となっていたら、4時間足のレンジ上限で一旦止まってしまいます。
(そこまで狙うのはあり)

 

 

 

 

なので、上から順番に見ていき、何時間足がトレンドなのか把握することが大事です。

 

日足→トレンド
4時間足→トレンド
1時間足→レンジ

 

だったら、1時間足がトレンド方向に流れるとそのままスムーズに流れがでるポイントだと思ってください^^

 

 

 

 

時間足を最小まで考える

先日、このようなトレードポイントがありました。

 

 

2021年1月4日 GOLD

 

 

GOLDです。

日足&4時間足&1時間足、全てトレンドでした。

では、どのタイミングでエントリーするのかいうと、15分足です。

15分足はこのようにレンジになっています。

 

 

2021年1月4日 GOLD

 

 

1時間足〜日足まで、トレンドなので、レンジ内部からエントリーしてもおっけーです。

15分足レベルで揉まれたとしても大したことがないからですね^^

どのタイムフレームがトレンドなのかを上から順番に見ていくことで、どの時間足でエントリーしたらいいかがあぶり出されます。

意識してみてみましょう!

 

 

まとめ

MTFの原則は上位足から順番

どの時間足がトレンドになっているかを確認する

4時間足以上のレンジはデイトレでは注意する

全てがトレンドで15分がレンジだったら揉まれても大したことがない

 

MTFは環境分析そのものです。
これができないとトレーダーとしてロジカルに勝ち続けるには難しいと思います。

このブログではMTFにかなり特化してるブログですので、過去記事も漁ってみてください^^



MTFできる=再現性がある

くらいで、思っておいてもいいくらいですので、身につけてきましょう!

ではまた次回♪

関連記事