チャートパターン レンジ 相場の仕組み 相場解説

波のクセを利用して、短時間で大波を取ろう!コストパフォーマンスが良いトレードはここだ!

更新日:

遊人です!
ポジションを持っている時間って気にしたことありますか?


なるべく揉まれずにスムーズに大きく利益出したいですよね?


そういう短時間で一気に大波を取れる場所を紹介します。
ここはわかるとコストパフォーマンンスがかなり良いので
ぜひ参考ください。

 

 

 

 

短時間で大波が取るには?

まず知ってもらいたいのが損切りが起爆剤になるような
場所があります。


それはレンジのブレイクした時などがまさにそうですね。


この記事にも書いてますので参考ください^^

 

 

【勝ちトレーダーの考え方】4時間足以上の玉溜まりは美味しい場所!4時間足のレンジ(パワー)を活かそう!

 

 

 

 

このブログで紹介している
テンプレパターンなどがまさにそうです。


これはこちらの記事を参考ください!

 

 

レンジのテンプレパターンが現れました!レンジの見極め方と取り方のポイントはこれだ!

 

 

 

さて、ここからですが
パワーが放出されるところなので
どこかしらの時間足のブレイクになります。

4時間のブレイクは日足の方向感がわかるためと
タイムフレーム的にも扱いやすいのでオススメです。

では、この画像をみてください!

 

 

2019年10月1日 EUR/AUD

 

 

 

 


通貨は
EUR/AUDになります。


4時間足を見てみると
チャネル波が形成されています。


そしてそれを上にブレイクすると一気に上昇しました!

 

 

 

2019年10月1日 EUR/AUD

 

 

 

 

 

そしてその背景を読むと
週足のトレンドラインと水平線が重なる場所で
買い圧力が強い場所になります。

 

 

2019年10月1日 EUR/AUD

 

 

 

 


この中でさらに分析すると
日足が上段下段に分かれる
ワイドレンジが発生しているため
真ん中付近で上昇していくことが考えられます。

 

これらの上昇が考えられる場面で
下位足がチャネルになって下落し
ブレイクすると上昇していきます。

 

全体の背景があり
下支えがある状態での
チャネルがあると上にいくというイメージですね^^

 


これを僕はテンプレパターンと呼んでいます。
ブログの検索窓に「テンプレ」と検索してみてください!


コストパフォーマンスが高い場所は
パワーが放出される場所で
上位足の支えがあり上位足の圧力もある場所
ということですね^^

 

 

まとめ

パワーを溜めているところを察知する

上位足からみても支えがあり圧力がある

ブレイクポイントを察知する

 

 

どの時間足でも原理は同じだが、4時間足以下が扱いやすい

ここまでわかると
デイトレードでのコストパフォーマンスが良いトレードをすることができます。

 

他にも
トレンド継続するレンジ
その中にもフラッグやペナント
いろんな形がありますが、それも上位足のトレンドに合流する波なら
とてもコストパフォーマンスが高いです。


こういう波を捉えれるようになると現場でとても使えますので
覚えておいてくださいね^^


ではまた次回♪

-チャートパターン, レンジ, 相場の仕組み, 相場解説

Copyright© FX island , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.