シナリオ

エントリーチャンスが行ってしまった時に考えること!慌てたら終わりです。

遊人です

エントリーをしようと思ったら
行ってしまった!

って経験ないでしょうか?

トレードの裁量では
スキルを身につけて、確定要素を切り出せるようになったら
次はそのチャンスを居合わせるというのが仕事になってきます。

そのチャンスに居合わせれなかった時の
僕の考えを書いておきます。

 

 

流れがでたらすぐには終わらない!

チャンスを逃して
「まじかー!いってしまったなぁ」
って時なんですが
よく考えると、一度波が出ると継続します。

それはダウ理論にもある

 

トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

 

という性質があるからですね^^

画像を見てください。

 

 

2019年6月20日 GOLD

 

 

 

 

ここでエントリーを逃したとしましょう。
慌てなくてもよくみると日足で
そのあとに2本は陽線をつけています。

 

2019年6月20日〜22日 GOLD

 

 

 

ということは2日間は上昇で狙っていくことが可能ですね^^

僕がエントリーを逃した時に
それがブレイクポイントだった場合は次の日もおっかけます。

ダウ理論的にそうなるからですね^^

 

 

波の終わりの場合

簡単な話ですが
波というのは始まったら終わりがきます。
ずっと上がり続ける相場とかそういうのはほぼないです。

上がったら下がります。

先ほどの
トレンドは明確な転換シグナルがでるまで継続する

という話がありました

ということは、転換シグナルが出れば転換するということですね^^
参照するリンクを貼っておきます!

 

【必読】ダウ理論を使って相場の目線を固定する!遊人です!今日はダウ理論の話です!※最後まで読むことをオススメします。実はトレードする上で必須項目になりますが、実は使いこなせてない...

 

 

 

 

 

2019年6月27日 GOLD

 

 

 

こういうところがまさにそうです。

つまり
日足で最悪2日の陽線を取りこぼしても
転換して落ちてくるところを狙えばいいだけってことになります

トレンドがブレイク後しばらくたっていて
ゴールにきている場合はしっかり反転が発生する可能性も視野に入れるということです。

 

 

まとめ

ブレイクポイントを過ぎてしまったらしばらく追従

その後流れが出た後は調整波を視野に入れておく

結果、慌てなくても良い

 

 

こんな感じになります。

これがわかるようになると
エントリーポイントが無数にありますので
慌てなくても良いです。

トレードシナリオが明確に立てれるようになると
相場の動きがある程度わかるので、形ができたらエントリーするだけです。

自分がもし居合わせられなかったとしても
相場の環境によっては連続でトレードポイントが発生するため
全然慌てる必要がありません。

今回は俯瞰して波をみることの話でしたが
達観してくると本当に慌てない自分ができてきて
トレードが安定していきます。

目の前のトレードポイントを逃して
右往左往してしまってる時はまたしっかり環境がわかってないかもしれませんね^^

しっかり逃していき
FXで豊かになるつもりが
FXの振り回される人生にならないようにしましょう。

ではまた次回♪

関連記事