チャートパターン

【初心者】常勝するコツは明確なラインが出るまで待つこと!

にゃんこ先生です!



今日はラインについてです。
ライントレードはいろんなトレーダーさんがやっていて、とても実戦的な方法になります。

 

ここでいうラインというのは

水平線
トレンドライン
(斜めに引けるやつ)

の二つです。

 

正直これを見つけることができれば、そこを抜けたところからトレードすれば
それなりの利幅が期待できます。

 

今回はトレンドラインについて解説します。

 

 

綺麗なトレンドラインを見つける

 

そもそもチャートが綺麗になるのは、そこで大口の人たちが買いや売りを入れてきているからです。

 

なので、綺麗にラインが引けるのはそこにしっかり攻防があり、パワーが溜まっている状態です。

 

 

 

 

 

 

僕たちはラインを抜けてから、勝負していきます。

そこは大口の人たちの勝負がついたところなので、損切りなどを巻き込んで一気に伸びてくれるからです^^

 

 

実際のチャートを見てみましょう!

 

 

2021年1月28日 GOLD

 

 

このように綺麗にトレンドラインが引ける場合は、そこを抜けたところで勢いよく伸びるので狙い撃ちしましょう!

 

 

上級者はこういうラインを見つけるのがとても得意です。

 

 

ラインを見つける

抜けるまで待つ

 

という単純な話になります。

 

特に初心者の場合は、こういう誰がみても綺麗に反応しているラインを見つける訓練をすると良いと思います。

 

 

 

 

 

訓練するコツも解説します。

 

 

ラインを見つける訓練方法

 

 

 

水平線でも、トレンドラインでもどちらでも良いのですが

まず一つ決めましょう!

 

トレンドラインの場合は、4時間足か1時間足を印刷し

綺麗にラインを引けるところを定規で線を引いてみて、見つけてみてください。

出来上がりのチャートでおっけーです^^

 

ラインを抜けたらしっかり伸びているか確認しましょう!

伸びていたら、有効なラインが引けているのでGOODです!

 

 

その後、右側を隠すか、検証ツールなどで右側が見えない状態でもみれるようになりましょう!

 

 

右側を隠した状態で、しっかりラインを見つけることができればあとは本番あるのみです!




 




1.印刷してチャートの出来上がりで意識されているラインを探せるようになる

2.右側を隠して、ラインを探せるようになる

3.実戦で練習!

 

こんな感じです!


 

 

ぜひ、練習してみてください^^

 

 

 

まとめ

明確なラインを探せるようになろう!

明確なラインが現れるようになるまで待とう

練習あるのみ!

 

 

明確なラインを抜けたら、大きく伸びるということは

明確なラインが出るまで、待たないといけないということです。

 

僕は週に2〜3回のトレードですが、理由は明確なラインが現れるまで待っているからです。

 

これが4時間や1時間だと1日くらいラインを作るため時間がかかるため、トレードポイントが毎時間現れるわけではありません。
(強トレンドや調整波を除く)

 

 

前回の記事にも書いた勝ち続けるトレーダーはこういうラインができるのをひたすら待っています。

 

僕がよくブログで表現する

玉だまりも

ラインができるとイコールです。

 

玉だまり=ラインができてる

 

ってことですね!

 

なので、大きく伸びて、かつ高期待値なところを狙うことが可能です。

 

もちろん、マルチタイムフレーム分析で、他の時間足も見れたらもちろんいいのですが、まずはここから初めてもいいと思います。

 

最初から全部見ようとするのは難しいですからね^^

 

一つずつものにしていきましょう!

 

ではまた次回♪

関連記事