ダウ理論

日足のレンジを抜けてローソク足が確定したら次の日もトレード可能

 

にゃんこ先生です!

今日はトレンドの追従の話です。

トレンドといっても、現場ではトレンドの芽が出たところになります。

 

 

日足が強トレンドみたいになっているところの追従は美味しい場面ですので、ぜひみてみてください^^

 

後半でトレードルールを確立した話がでてきますので、そちらもチェックください!

 

 

 

日足のレンジ帯を勢いよく抜けた場合

 

日足のレンジがこのようにあります。

 

 

2021年4月16日  GOLD日足

 

 

 

通貨はGOLDになります。

今回の画像のように、一本抜けてローソク足が確定した後は

 

レンジの上限まで戻ってくるか
日足のトレンド継続か

になってきます。

 

一応、レンジの内部にも戻ってきてしまう流れがありますが、それは下位足次第になります。

 

 

これは前の記事でもレンジの話をしているので、こちらも参考ください!

 

日足のレンジ環境はトレードポイントが明確なのでわかりやすい! にゃんこ先生です! 今日は日足のレンジ環境のトレードポイントになります! 


といってもレンジ環境の中のさらに4時間足以下...

 

 

日足のレンジを抜けたあとは次の日は注目のポイントです。

 

 

 

下位足の動きをみていきましょう!

 

下位足で止まったサインを確認する

 

 

日足が勢いよく抜けた後は

 

4時間足以下をしっかり確認です。

 

2021年4月16日  GOLD

 

4時間足をみてみると、こちらも勢いよく波が出ていてトレンドになっています。

 

日足が陽線連発(下降なら陰線)するようなところでは、基本4時間足もトレンドになっています。

 

 

 

4時間もトレンドなので次は1時間足に落とします。

 

 

1時間足を見てみると、レンジになっています。

ここでいつ上がり出すかなのですが、これも安値の切り上がりをしっかりみます。

 

 

 

2021年4月16日  GOLD

 

 

 

 

安値が切り上がったのを確認するのは、買いの勢力が強く切り上がりが発生するので、それを待ちます。

 

 

 

 

切り上がりを確認した後に1時間がワイドレンジになっているので、上段に入ったようなところからエントリーをしかけていきます。

 

ワイドレンジの上段からか、上限を抜けてからエントリーでもおっけーです^^

 

2021年4月16日  GOLD

 

 

 

1時間足まで体勢が整うと、デイトレードでよく伸びてくれるポイントが出現します。

 

 

 

僕は基本1時間が上にいく(売りを狙う場合は下)体勢が整わない限り基本エントリーはしません。

 

 

 

理由としてはここまで環境を待つと揉まれずにスムーズにいくことが多いからです。

 

 

 

 

日足から順番に時間足を落としていき、マルチタイムフレーム分析がしっかりできるようになるとできる芸当ですね^^

 

 

 

 

 

エントリーの基準を1時間足にしている理由

先ほども言いましたが

日足
4時間足
1時間足

と順番に落としていき、1時間足まで整ったらエントリーを考えていくスタイルです。

 

この考えはFX2年目くらいで、確立した考えで今も基本的には守っています。

 

 

こうしている理由はいくつかありますが、一つ挙げるとすると

1時間足は1時間で1本のローソク足が確定します。

 

ということは1時間足が基準だと1時間に一回どうなったか?
とチャートを見ればいいので、見る時間を極力減らせます。

 

自分はスマホでトレードしていますが、この方法を使っているからスマホでエントリーできるといっても過言ではありません。

 

1時間に1回、時間足が切り替わる時にアラームをかけておき、その時にチャートをみています。

 

 

 

 

こんな感じで、月曜〜金曜の相場が動いてる時間だけアラームで通知が来るようにしています。

 

 

音が鳴ると出先でうるさいので、バイブレーションのみにしています。

 

こうすると、トレードが圧倒的に楽になるし、続けれそうです。

 

自分はサボり魔なので

どれだけ楽にできるかを考えていて、自分なりの工夫をした結果このようになりました。

 

 

トレードスキルのルール作りもいいですが、どうやったらトレードを続けていけるか?

 

も考えてみるのもいいと思います^^

 

 

 

 

まとめ

日足のトレンドは次の日も狙える

その後に4時間足以下でしっかり確認する

4時間足以下で戻りが出るか継続かを考える

1時間足レベルまで環境が整うのを待つ

トレードがしやすい環境も作っておく

 

 

最後は少し工夫に話になりましたが、大事なことだと思います。

 

 

例えば、目が悪い人にはスマホのトレードよりPCでのトレードが向いてると思います。

 

 

トレード環境は自分にあった合わないがあるので、各々やりやすい形でいいと思います。

 

最終利益になればいいわけですから^^

 

 

PC画面を並べる
ノートPCでトレード
タブレットでトレード
スマホでトレード

 

なんでもおっけーです。

 

自分のやりやすい形を見つけましょう!

 

ここで自分の考えですが

 

もしPCでモニターを並べたり揃える場合は、ぜひ机や椅子までこだわってください。

 

そこはお金を生み出す場所ですし、良き投資です。

 

 

僕もかなりこだわりが強く


ペン
椅子

などかなりこだわっています。

 

「このペンを使っているから、書きたくなる!」

使っててワクワクするようなものばかりで固めています。

サボるのもかなり減りました。

 

人は感情の生き物なので、こういうのも左右されます。

 

 

仕事道具にはお金がかけた方がいいと思うので、よかったら取り入れてみてくださいね!

ではまた次回♪

関連記事