ダウ理論

日足のレンジ環境はトレードポイントが明確なのでわかりやすい!

にゃんこ先生です!

今日は日足のレンジ環境のトレードポイントになります!




といってもレンジ環境の中のさらに4時間足以下をみたトレードポイントです。

 

 

デイトレードは4時間足一本を大きく取るようなイメージでやるとやりやすいです。

 

日足でおおよそどっちに方向が出るか考えて、4時間足以下で精査という順番ですね^^

 

 

この記事はそんな4時間足以下のトレードポイントをシェアします。

 

 

 

日足のレンジだということを把握する

 

前回の記事でも日足のレンジのことを書いているのでそちらと合わせて読んでください!

 

レンジを抜けないパターンを覚えて切り返しの調整波を狙う! にゃんこ先生です!

 前回の記事に引き続きの内容になっています! 


まずはそちらをお読みください!



 http...

 

 

前回、日足がレンジだということを解説していました。

ということは日足のレンジトレードの戦略を考えます。

 

上限から切り返し
真ん中
下限から切り返し

 

を狙います。

 

 

今回は上限から切り返しです。

 

日足をみてみると

 

 

2021年4月7日 GOLD 日足

 

 

 

このように日足はレンジの上限にきています。

 

ということは一旦の戻しが考えられる為、一旦はショート目線です。

 

 

 

日足の環境がわかったら4時間足以下です。

 

 

 

4時間足の戻りを考える

 

 

4時間足をみるとこのようにトレンドラインが引けるので、高値が切り下がりを確認後に落ちるイメージです。

 

 

2021年4月7日 GOLD 4時間足

 

 

 

 

あとはそこからショートしていくわけですが、利確ポイントについて考えます。

 

 

 

4時間足の押し安値の付近に抵抗があるため、そこまで狙うことが可能です。

 

 

 

 

2021年4月7日 GOLD

 

 

 

4時間足の調整波を取るようなイメージですね!





ちなみに高値が切り下がったりするのをみるのは、覚えておきましょう!

 




こちらの記事でも書いていますので、参考にしてみてください!





 

【必読】4時間足でチャネルが出ると上位足がトレンドでも調整波が出るにゃんこ先生です!

 大きな時間足がトレンドでも切り返してくる兆候をみることができるようになると トレンドの上げも下げもト...

 

 

 

 

 

結果は届いたのちに、4時間足のローソク足がヒゲになりましたが、一旦は伸びてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

もう少しここを深掘りします

 

 

 

 

レートが急速に切り返してきた場合の考え

 

 

今回もレートを見てみるとゴールに到着後にレートが切り返してきました。

 

 

2021年4月7日 GOLD 4時間足

 

 

ということは、買いのパワーが強いため、次の日以降もロングで狙える可能性を秘めています。

 

 

 

これは俗にいう’’だまし’’と呼ばれるポイントでもよくおきます。

 

 

ブレイクしたと思ったら、ローソク足確定するとヒゲになって急転回してきて負けてしまう・・・。

 

 

これはトレーダーがだれもが通る道だと思いますのでご安心を!笑

 

 

 

なので、それを逆手に取ればいいのです。

 

逆に切り返してきたな!

急転回!してくるぞ!

 

というサインです。

それの切り返しの波をとればおっけーです。

 

 

僕は性格が素直じゃないからか、こういう切り返しの波が好きです笑

 

 

 

トレードの流れを考えて、逆手に取りましょう!

 

 

 

まとめ

日足の全体像でどこをトレードしているか考える

4時間足での明確なラインが引けた後に抜けたら美味しい

抜ける前に高値(安値)の切り下がりなどをみている

4時間の押し安値(戻り高値)の抵抗まで

急な切り返しはパワーをみれるチャンス

 

 

最近はレートの動きについての意味合いを語っています。

 

僕の場合はマルチタイムフレーム分析と一緒に合わせて考えています。

 

そうすることで、ゆったりトレードできますし、目線も固定されますし、だましに合いにくいです。

 

 

これがマルチタイムフレーム分析の真骨頂です。

 

上位足で方向感を考えておき、下位足でタイミングを図る

 

 

日足
4時間足
1時間足
15分足

 

 

この4つでまずは分析していくのが個人的にはオススメです

 

 

見れるようなら、週足や月足もみれると良しです^^

 

前回のGBP/JPYのチャネルのところもなぜチャネルができているのか?

 

 

ここを考えて月足や週足を見てみると答えが見つかるかもしれませんね!

 






これも参考になれば嬉しいです!

 






ではまた次回♪

関連記事