相場解説 考え方

なんちゃってリスクリワードの罠!ちゃんとリスクリワードって確保されてますか?

投稿日:

遊人です!
今日はリスクリワードについてです。

リスクリワードとは
損切りと利益の配分のことです。

 

 

 

上がるか下がるかのトレードでは
リスクリワードが良い方がもちろん得なわけです^^

ここでリスクリワードを考えていたつもりでもダメなパターンを何個か紹介します。

 

 

 

リスクリワードが保てないパターン

方向がある程度あっているのに
リスクリワードが保てないパターンをいいます。

何個か書いていきます

 

1、ポジションに自信が持てず切ってしまう
(通称ビビリ切り)

2、損切りを浅く置きすぎてしまう

 

 

たぶんこの二つが重要です

一つ目のビビリ切りに関しては
単純にこういう現象です

 

 

 

最初はこのように考えていたのに
途中の小波で揉まれてしまい
今乗ってる利益を確保したいという人間の心理が働くからです。

こうなるとリスクリワードはエントリーした時は
確保できてるのに、途中で決済してしまうため
破産リスクを増やしているのです。

どうしてこうなるかというと
明確な利確ポイントがわかっていないからです。
これが決定的ですね^^

「この波の状況だと、ここが利確ポイントだなー」
ってわからないとリスクリワードが保てません。

水平線がどの位置にあるかわかっていない状況ということですね!

インジケーターを決済ルールにした場合は

リスクリワードが保てない場合もいあります。

 

ビビリ切りをすると
損する投資をしているので
一旦は利益が残っているようにみえて
自分で破産の方に向かってるって不思議ですね笑

 

 

 

2のパターンは
損切りが浅すぎて、引っかかるパターンです。

これはリスクリワードを意識しすぎて
そもそも勝率が保てないパターンですので
リスクリワードが足かせになってます

 

 

 

 

 

損切りは適切な位置に置いて
リスクリワードを置かないといけないですので
損切りを置く位置はこちらの記事を参照ください。

 

 

 

損切りを置く位置って意識したことありますか?正しい損切り位置とは?

 

 

 

損切りが浅すぎるので
負けまくってメンタルはズタボロになります。
なので現実的じゃないし、やらない方がいいです。

 

 

高ロットになると
損切りが浅すぎると約定しない場合もあるので注意です

 

 

ここからは僕のリスクリワードに対する考えを書いていきます

 

 

 

リスクリワードは1対1でいい

損切り 30pips
利益 30pips

のリスクリワード1対1でも良いと思っています。

理由は簡単です。

まず環境分析があっていれば
勝率60%くらいにはなってきます。

こうすると必然とpipsが残ってきます。

 

相場が今どういう状態かがわかるようになれば
自然と損切りが浅くなり、自然と利幅が伸びます。

環境によって損切り位置が変わるからです。

 

本当に初心者の人は
1対1でもいいので、やっていきましょう。
そうするとエントリーに神経質になれなくて良いですから
環境分析に集中できます。

デイトレレベルだと
4時間足と1時間足の環境が観れるようには
最低なってもらいたいのが個人的な考えです。

最初はリスクリワード考えずやって
最低1対1でやっていき、環境分析を徹底しろってことですね^^

 

 

まとめ

リスクリワードは決済ルールがちゃんとないと破綻する

決済位置がちゃんとしていないとリスクリワードが破綻することがある

リスクリワードより環境認識力を磨け

環境認識力を磨いた先にリスクリワードがよくなる

こういう考えです。
僕はリスクリワードが
だいたい1対2.5前後です。
(2019年6月18日時点)

イメージ

損切り 20pips
利益 50pips前後

という感じですね^^

ぼちぼちと言ったところでしょうか!

ちなみに生徒さんでは
本当に慎重な人もいまして
5月から勝率100%とかの人もいます。

そうすると負けるイメージもないので
ロットも上げていけますね^^

リスクリワードが1対1.5とかですが
勝率がそれだけ高ければ問題なしです。

そうえいば勝率は関係ない!
リスクリワードが大事だ!

っというトレーダーさんがたまにいます。
僕も昔はそう考えていました。

ただ、300枚とかやると
何回も負けるとメンタル的にダメージがきたりします。

10pips損切りを5回続けると
150万円のマイナスですからね^^;


メンタル的にきついです。

なのである程度の勝率もロットを張るには大事だと思っています。

何回も言って申し訳ないのですが、

これにはどういう環境になっているかがすべてです。

勝率も
リスクリワードも
保つには環境がどうなっていて
どこからどこまで伸びるのかが
おおよそわかってないとできません。

なので、環境認識を徹底しましょう!

だからこのブログでは環境分析の話ばっかりしてるんですね^^

こういうこと話してほしい!
ってあればLINE@から送ってください。
参考にさせていだきます。

 

 

ではまた次回!

 

 

 

PS

ゴールドこの部分エントリーできますね^^
本質的には4時間レンジなのですが
幅があればエントリーしておっけーです!

40pipsちょいなのでありですね!

2019年6月18日 GOLD

 

-相場解説, 考え方

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.