ダウ理論

マルチタイムフレーム分析を使いこなしてエントリータイミングを図る

 

 

にゃんこ先生です!

今日はマルチタイムフレーム分析を解説しつつ、エントリータイミングを図る方法をシェアします

 

 

時間足ごとに、分析をしっかりして、環境を把握できるようになるとかなり相場が分析しやすいです。

 

 

今回はトレンドの時のエントリーの考え方についてシェアします!

伸びすぎて手が出せない!

どこからエントリーすればわからない!

 

という時にオススメです!

 

 

 

 

トレンドの強さを見極める

 

 

トレンドの強さというのを意識してますか?

上がり続けている
下がり続けている

だから、トレンド!

というだけでは、現場では通用しない場合がでてきます。

 

実際、僕も昔はそうでしたし、トレンドってそういうものなのかな?

 

って思ってました。

 

 

 

前回の記事の続きになるのですが、前回の記事で、4時間の玉だまりの大きさについて話しました。

 

そちらの記事はこちらから見ることができます^^

 

 

【初心者】レンジの大きさを考えてトレンドが続きやすい場所を見つける にゃんこ先生です! 今日はトレンドが大きく伸びて、しばらくトレンドが続くような場所をシェアします! トレンドのパ...

 

 

 

4時間足がそれなりに長いレンジを作っているとブレイクした時に大きく伸びる可能性が高いです。

 

実際の波の動きをみてみましょう!

 

 

 

2021年5月10日 GBP/JPY 4時間足

 

 

 

このように4時間足が強トレンドになっています。

 

強トレンドについてはこちらの記事も参考ください!

日足のレンジを抜けてローソク足が確定したら次の日もトレード可能 にゃんこ先生です! 今日はトレンドの追従の話です。 トレンドといっても、現場ではトレンドの芽が出たところになります。 ...

 

 

ボリンジャーバンドをみてみると、2σをはみ出しているように動いているので、それなりに勢いが強いです

 

 

 

まず4時間足単位では、トレンドが強い!ということを把握しましょう!

 

この強い状況だと、数本くらい陽線が立ってくれるので、そこをデイトレードでは仕掛けます^^

 

 

 

 

強トレンド中はどの時間足がレンジか確認する

 

1時間足をみてみると、1時間足もトレンドラインを割らずにトレンドを形成しています。

 

 

2021年5月10日 GBP/JPY

 

 

さっきのが強トレンドだとしたら、1時間足は中トレンドとでもいいましょうか^^

 

 

 

しかしトレンドなのは変わりないので、15分足の環境も見てみます。

 

 

すると15分足だけがレンジになっています。

 

 

2021年5月10日 GBP/JPY

 

 

ちょうとボリンジャーバンドが閉じてきているような場面ですね。

 

ここはレンジになっており、4時間足〜15分足までの分析だと

15分足だけがレンジになっています。

 

 

 

ということは15分足がレンジを上に抜けると、トレンドに合流するので、そのままエントリーが可能です^^

 

 

 

エントリーポイントはこの辺りですね!

 

2021年5月10日 GBP/JPY

 

 

 

こうやって一つずつ状況を確認するとかなり相場の状況がわかるかと思います!

 

 

 

ぜひ、一つずつ上から順番に確認してみてください!

 

 

 

まとめ

トレンドの強さを考える

そこから時間足を落としていき状況を確認

どの時間足がレンジなのかを確認する

レンジを抜けたところが合流ポイント

時間足を飛ばさない

 

 

マルチタイムフレーム分析では、大きな時間足から分析していき、順番に分析していくのがポイントです。

 

 

自分がかけだしで、全然勝てなかった時の話ですが

 

「週足が上に上がってる!じゃぁ5分足で買いを入れとけばいつか上がるんじゃ!?」

って思って日足も4時間足もすっ飛ばしてエントリーしてました笑

 

 

そーするとデイトレードレベルはレンジの可能性もあるので、一向に上がらない上に、一度大きく戻しにあった際に損切りにあったりしました。

 

 

どうやったらデイトレードでスムーズにエントリーできるのか?
を考えてた時に師匠と出会いしました

 

最低でも日足以下で分析できるようになり、時間足をとばさず上から順番に分析していくことが大事だということを教わりました。

 

 

 

マルチタイムフレームは奥が深いのですが、やることは順番に分析するというシンプルなことだと教えていただきました。

 

 

ちなみにこのブログではタイムフレームを飛ばさず解説しています。

 

過去記事もそういう解説しかほとんどないので、ぜひみてみてくださいね!

 

ではまた次回♪

関連記事