ローソク足 三種の神器 相場解説

ローソク足の下に(上に)行かないサインって知ってますか?みんなが意識する実体揃い!

更新日:

遊人です!

今日はローソク足の話です。

ローソク足の並びって気にしたことありますか?

ローソク足がとあるところで不思議と滞留するような動きです^^
僕はこれを実体揃いと呼んでいて
これを身につけると損切りに引っかからなくなります。

ぜひ身につけて下さい!

 

 

 

実体揃いってどんなの?

まずはこちらの画像をみてください。

 

 

2019年6月21日 GOLD 1H 実体揃い

 

 

1時間足が実体が綺麗に揃っています。
綺麗というより少し不気味ですね笑

この現象が起きた時
ここを足場にして上にもう一段上がる可能性があります。

この中でに内部レジサポしていくイメージですね^^

この実体揃いの現象は強いトレンドが出た後とかに発生したりします。

先日の指標で一気に爆上げした後に
実体揃いが発生しましたね^^

他にも週足レベルとかのトレンドに合流した時とかも
強いトレンドの後なので出たりします

 

 

相場が目線を感知しよう!

 

 

これは大量の買いが入ってるので
安値が下がって行かずに上に上がっていってますね^^

売り&買いが拮抗してます。
これはトレンドの終わりの時とかに発生する形でもあります。

人間心理はなかなか終わらないというやつですね^^

こういう不自然というか
綺麗に切り揃ったり相場の目線を柔軟に察知すると
相場力がさらに上がります。

ペナントやボックスレンジ
ワイドレンジとすぐに察知できるようなイメージです

これがわかればどういうトレードをすれば良いのか?
柔軟に後出しジャンケンのように出すだけです。

相場がパーを出してきたら
チョキを出すみたいなイメージですね^^

 

 

まとめ

実体揃いが出たらトレンド方向に伸びやすい

小さなレンジができてるのでレンジと攻略方法同じ

相場には一定の綺麗な形を作ることがあり 市場参加者の目線そのものである。

 

 

市場参加者の目線を察知することがすごい大事です。
当たり前ですが、市場参加者の目線が偏るからトレンドが発生するわけですからね^^

今回は変形の例で
なんでそこでピタッとレートが止まってるの?
って話を深掘りしました。

で、今回の場合の利確の最大は高値までになりますね^^

その理由はこれが小さなワイドレンジだからです。

 

 

2019年6月21日 GOLD 1H ワイドレンジ

 

ワイドレンジなので上限までがゴールになりますね
環境がわかればいつでもトレードできるし、
利確ポイントも明快です。

 

気づいた人いるかな??^^

 

 

 

あとは淡々とやるだけです。
ここまで環境分析ができた後に
一貫性をもったエントリーをすればおっけーです。

柔軟に対応できたら最強ですが
自分の武器を徹底的に磨き上げるだけでも
もちろんおっけーです^^

というかそちらを最初は推奨しています。
生徒さんの中には一つの武器のみで利益を上げ続けてる人
けっこういます

今回の実体揃いは
実践的で簡単なものなのでぜひ使ってください!

「むむ!実体がこんなに綺麗に揃うことありえるか!?」
って相場見てみると面白いと思いますよ^^

一つ一つスキルを増やしていきましょうね!



僕も精進します!

-ローソク足, 三種の神器, 相場解説

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.