トレンド レンジ 相場解説

大きなタイムフレームに乗る瞬間ってここ!大きく伸びるにはパワーを溜めることが必要!

投稿日:

 

遊人です!

今日は気持ちよく伸びる波はどういうのか?
について話します。

もちろんエントリーしてから
スッと気持ちよく伸びてくるれる方が楽ですよね?^^

ちょっとしたコツがありますので、
それを解説します。

 

気持ちよく伸びる波とは?

すごい簡単にいうとダラダラ動いてる波以外です笑
チャネルのような波ですね!


過去記事を載せておきます!



リンク

なんでこうダラダラ動くのかというと
もちろん上位足に答えがあり

力を使い切った波
(イメージです)
強い水平線が近い波
(ゴールが近いから逆勢力が入ってくる)

という原因が考えられます

 

今回はパワーを溜めたあとに
そのパワーが溜めたのを吐き出すような場所がすんなり伸びる波です。

 

今回は上位足のゴールなどはもちろん大事ですが
それは他の記事でも書いているので
パワーを溜めて解放される場所ってどんなのか?

 

 

実際のチャートを見ていこうと思います!




 

 

実際のチャート

 

まずは画像をみてください!

 

2019年5月19日 GBP/JPY

 

 

 

日足の大きなレンジをブレイクしたので
日足以上の波が出ていることが確認できます。

その中で1時間足ももボックレンジを作り
パワーを溜めています。

そこから下落するともちろん上位足の波に乗るので
もちろんすんなり落ちます。

デイトレでもやろうと思えば
100pips以上取れますね^^

これはなぜかと言うとパワー溜めた後に
乗っているからです。

パワー溜めるというのは
簡単にいうとレンジだと思ってくれて大丈夫です。

レンジでパワーチャージ
トレンドになる瞬間に解放する


というイメージです。

これって結構簡単で強力なので

レンジ見つけたら虎視眈々と抜けるのを待ちましょう!


レンジを見つけたあとは
強いトレンドに回帰するのを待てば良いということですね^^

 

まとめ

パワーチャージの後はすんなり伸びる

それが上位足の流れと重なっていたら余計に伸びる

上位足の流れに回帰する瞬間が一番美味しい

 

これだけです。
もっともっと簡単にいうと
4時間とかでボックスレンジを見つけて
抜けてレジサポしていけばエントリーとかでも勝ててしまいます。

それは4時間レベルでパワーを溜めてるからです。

売りと買いの玉が溜まっているということですね^^



それについてはこちら


をみてください!

 

 

レンジの長さが相場に関係する?玉を溜めている状態をみてスムーズに伸びる波を取る!

 

 

 

ダラダラしたチャネルのようにレートが動いてたら
一旦トレンドのように見えてもすんなりいきません。

 

横にレンジを作り
抜けたらからエントリーを考えた方がすんなり伸びます。



 

実はいうと
そのレンジを作っているところはスイング組も合流するところであり
すんなり伸びるのは当然です。

 

そしてそういうところは
ボラティリティが大きくなり
短時間で一気に利幅を獲得できます^^

横にレートが動いた後に
ドンっといく!


って覚えておきましょー!


できるだけわかりやすい説明がしたかったため
簡素になってしまいましたが、
事実それだけで勝っている人が
生徒さんでもいらっしゃるので
ぜひ注目してチャートをみてください^^

 

PS

ボラティリティが大きくなるところとして

過去記事にボラが大きくなる場所を書いておいたのですが
おおよそ当たっていたので、シェアします。

 

トレンドラインでデイトレードでもボラがでかくなるゾーンを考えてみよう!

 

 

 

これも結局大きな時間足の流れに乗ったからですね^^
参考ください!



-トレンド, レンジ, 相場解説

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.