シナリオ

レートが滞留したら動き出すサイン!4時間以上のトレンドは次の日も美味しい

にゃんこ先生です!

今日はトレンドの追従の話です!



過去の記事でもよく取り上げてる内容でもあるので、そちらも参考ください!





 

上位足がトレンドの時は目線固定はトレンド方向以外考えなくていいにゃんこ先生です! 今日は少し前の相場なのですが 上位足のトレンドの時の戦略をシェアします。 これが理解できるとチャネルとかや...

 

すでにトレンドが出ている波を捕まえるので、高期待値なところでトレードできるようになります。

 

 

 

 

4時間以上のトレンドを見つける

 

 

トレードする通貨ペアを選ぶ時は、すでに4時間以上でトレンドがでいないかを常にチェックしています。

 

 

理由は二つです。

 

 

1.トレンドが出ていて、日足でみても伸び幅あるなら追従

2.日足で見ると切り返してくる部分なら調整波を狙えるから

 

 

 

この二つです。

 

まず1から説明してきますね^^

 

 

レートの動きの意味を考える

 

この通貨をみてださい。

 

3月29日 GOLD

 

 

GOLDです!


GOLDのチャートはこのようにレンジが続き、4時間足でレンジ帯を抜けました。

 

 

この時の次の日がポイントです。

レンジを抜けた後にレートがこのように滞留しています。

 

 

2021年3月30日  GOLD

 

 

 

ということは一つ下の時間足でレンジを作っているので、下に抜けていくとトレンド追従できます。

 

 

 

要約すると
4時間足トレンド
1時間足レンジ

1時間足のレンジを下に抜けると流れが出る

 

こうなりますね^^

 

 

 

エントリー場所はここです。

 

 

2021年3月30日  GOLD

 

 

 

どの時間足がトレンドなのかどうか?
これがわかるだけでもかなり環境分析力が上がります^^

 

 

 

利確ポイントは
日足がレンジなので、下限までですね!

 

 

 

まとめ

4時間足以上のトレンドは美味しい

レートが滞留しているかどうか?

一つ下の時間足で環境をみる

日足のどこをとっているか確認

 

 

今回のポイントはとても美味しい局面でした!

生徒さんもトレードされている方が多いみたいで、利益を上げていきました!




まさにGOLDラッシュ!

 

こういう簡単なエントリーポイントは待っていたらくるので、待っていればおっけーです。

 

環境がわからない場合は、まずは勉強からですね^^

 

トレンドとレンジの区分けをしていきましょう!

 

 

次回は
2.日足で見ると切り返してくる部分なら調整波を狙えるから

ここを解説していきたいと思いますので、次回もお楽しみに!

 

ではまた次回♪

関連記事