トレンド

日足がレンジでも4時間足がパワーを溜めているならスマートなトレードができます

遊人です!

先日お手本のような綺麗な波が現れました。
日足のトレンドがデイトレード最強の環境ですが
日足がレンジなのがほとんどです。

トレンドってすぐに終わるんですよね
(時間足を落とすと頻繁に起こる)

レンジ環境での攻め方としては
上限
下限
真ん中

です

 

これについてはこちらの記事も併せ読みしてください!

 

慌ててエントリーする人へ水平線を抜けた後のエントリータイミングはここになります!遊人です!今日は難しい相場ではありますがレンジで普遍的な波がでましたので、シェアしたいと思います!生徒さんでも取っている方がいてレンジト...

 

 

今回はその真ん中の部分になります!

実際に生徒さんがやっているであろう
トレードポイントを解説します!

 

 

 

日足の状況

日足はレンジ状況です。
ということはさっきのどのパターンに当てはまっているか?
を考えていきます。

 

 

2020年1月16日 GBP/JPY

 

 

 

 

こんなイメージですね!
インジケーター だと
移動平均線(MA)より上になり
今から上限を目指すようなイメージを持つことが可能です。

上を目指す=陽線のイメージ

ということですね!


終値がどうであれ、一旦上を目指してくれたらいいわけなので
そこを狙うイメージです!

 

 

 

4時間足以下の内部をみよう!

4時間を見るとわかりやすくパワーを溜めてくれています。

 

 

2020年1月16日 GBP/JPY

 

 

 

となれば、そのパワーが放出されるところを押さえれば
自然と日足はレンジなのに一方に伸びるところが確保することが可能です。

 

 

2020年1月16日 GBP/JPY

 

 

1時間足でも抜けて波を作っているので
波のりするイメージでやれば良いです^^

で、日足はレンジということがわかっているので
保有強度は弱めで、伸びたらさくっと切るのが一番良いです。

決済ポイントも日足の水平線があるのでこの波はわかりやすいですね!


個人の主観ですが
これくらいわかりやすい波は週に数回でてくれるため
それをしっかり捉えたらいいと思います^^

4時間のパワーチャージはスムーズに伸びるので
美味しい波ですね!

僕がとても好きな波です!

 

 

 

まとめ

日足の環境を考える

日足のトレードポイントなのか考える

4時間でパワーチャージがあるとスムーズに伸びる

 

このトレードポイントは
ちょうど4時間足のボリンジャーバンド がエクスパンションしていくようなところです。

閉じてたバンドが開いていくようなイメージですね^^

 

そう考えると視覚的にもわかりやすいと思います。
インジケーターは視覚的にもわかりやすいので、とてもいいと思います。

インジケーターをこねくり回して
チャートがぐちゃぐちゃのやつは個人的には見にくいですが
1〜2個なら使うのもありかと思います

水平線
ダウ
ローソク足
を深掘りすると不要になってきますが・・・

 

 

インジケーターが先に反応してからではなく
インジケーターが前もって反応する場所を捉えれるようになります。

インジケーターについてはこちらの記事を参考ください!

 

インジケーターのメリット&デメリット!遊人です!今日はこの記事で書いてあったインジケーターについて解説していきたいとおもいます。メリットデメリットで書いていて、最後にまとめて...

 

 

 

ですが、補助的に使うならありかと!

パワーが溜まっている
スマートなエントリーしていきましょう!


ではまた次回♪

関連記事