レンジ ローソク足 三種の神器 水平線 相場解説

チャネル波を制覇しよう!チャネルの上段下段を切り分けてトレードポイントと洗い出す!

投稿日:

遊人です!

今日はチャネルについてです。
僕のブログではけっこうチャネルについて解説しているので
それも参考ください^^

チャネル波が発生しやすい場所を把握しよう!月足の地図から紐解こう!

 

 

生徒さんのトレードを見ていると
ここを理解していない方が多いと思ったのでシェアします^^

 

 

 

チャネルを把握しよう!

トレンドなのに深く戻ってくる波はチャネルに移行している可能性が高いです。

イメージでいうとこんな感じです!



ちょっと形が崩れましたがこんな感じですね^^

 

普通トレンドは一度出るとしばらく続くはずなのに
深い戻りがあっては、ブレイクして
を繰り返すとチャネルになっている可能性があり、上位足の水平線付近で可能性が高いです。

 

 


GOLDも日足のチャネルになっています。

 

 

2019年11月26日 GOLD

 

 

 

 

ということはチャネルの上段下段の中をトレードしていくのがセオリーであり
その中を切り取るのがトレードポイントです。

例えばこういうところです。

 

 

2019年11月08日 GOLD

 

 

 


横の分析
(水平線)

斜めの分析
(チャネル)


を合わせていくとさらに精度が上がります。

チャネルの上下段が分かれるところも
ちゃんと水平線があるので
斜め分析はインジケーターのような補助的な感覚で使っていくのがベストです^^

 

チャネルはやりにくい波であり
トレードできるタイミングが一瞬だったり、まちまちです。


僕の生徒さんで
横分析はできるけど、斜め分析できない人が圧倒的に多いです。
チャネルはわかるとレンジトレードと同じです。

上限からショート
真ん中
下限からロング

これが基本軸に置いておき
そのままレンジのようにトレードするとスムーズな波がでます^^

 

 

 

 

まとめ


すんなり行く波がいかないとチャネルの可能性がある

それは上位足の抵抗付近にできる可能性大

チャネルもレンジと同じように考える

 


こういう波が出たらやりにくい!


って人がいますが、僕個人の意見としては
「やりにくい波なら、やらなくていいじゃん」
って考えです。

相場は半永久的に続くため
やりにくい場所はほったらかしにしておけばいいです。

やりやすい人はトレードしましょう^^

この辺の感じ方は人それぞれなのでなんとも言えませんので
各々、みやすい形を見つけましょう!


得意を伸ばせばプラスは残りますからね!
ではまた次回♪

 

One point advice

レンジも同じですが、日足レベルでチャネルが出てしまうと、何週間もチャネルの波になるため、その通貨が美味しくない場合があります。

その場合はチャネルのトレードを覚えるか、潔くその通貨は捨てて、違う得意パターンが出ている(もしくは出そう)なところやっていくのがいいです^^

 

-レンジ, ローソク足, 三種の神器, 水平線, 相場解説

Copyright© FX island , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.