シナリオ

日足の戻りが出る場合はデイトレードでトレンドフォローができない場合が多いです!

 

遊人です!
今日は日足の戻り値の話です

戻り値の話は過去の記事でも紹介しているので
ぜひみてください^^

 

レンジブレイク後、レジサポするかどうかのヒントになるのは上位足を見ること!遊人です!レジサポ転換するか、そのまま行ってしまうかっておおよそ見当ついていますか?実はある程度仕分けすることができます。(もちろん絶対...

 

 

日足で戻りがでる場所はデイトレードでは
調整波がでるので日足の流れに逆らった動きをします。

基本戦略はトレンドフォローになりますが
戻りがわかる人はやってもおっけーです。

その戻り値のデイトレードレベルの話をします。

 

 

日足の戻りからトレードするかを考える

まずは画像をみてください。

 

2019年6月29日 GBP/JPY

 

 

 

 

日足でこのようにレンジを抜けて下にいこうとしてる場面があります。
これはレンジの波の上限から落ちてきて
ブレイクしているので、一旦戻しがあってから
下にいくことが多いです。

というより、下に行くためには
一度パワーをためないと基本的には下にいきません^^

2019年6月29日 GOLD 日足

 

 

ということは今日1日は日足でパワーチャージが行われるので
一旦戻りの波が出るということになります^^

調整波をやらない人なら今日1日はこの通貨をエントリーしなくて良いということになります

このタイムフレーム感がけっこう大事で
デイトレードで今日のエントリーが出るかどうかを現場レベルで察知することができます。

明日以降エントリーくるかなー
って思っていれば今日はエントリーしなくていいってことですね^^

 

まとめ

日足の戻りの場合は何日もかかる場合があるためトレードしにくい環境が出ます。

日足で戻りを作ると、日足以上の波が出る可能性あり

下位足がレンジになっているため、そこのブレイクをとっていくこと

 

これがわかってるとこの通貨はないな
っと判断できるため、楽にトレードすることができます。

日足の戻りが発生する時は
1〜3日くらい様子をみて下位足でしっかりエントリー環境を見極めましょう!

下位足の形は大体レンジになっているのでレンジからトレンドに切り替わるところをやっていきましょう!

そして日足の波の乗るのが
デイトレードでは最強環境になります。日足が陰線や陽線つきやすいからですね^^

この辺を見極めましょう!日足を使えるようになると明日のの動きがチェックしやすいのでぜひ戻りや、いまから波に乗るかをチェックしてみてください

相場観がぐっとあがりますよ!ではまた次回!

 

 

PS
前回の性格別
向いてる環境という占いちっくなことをしたのですが
けっこう好評でした!

 

【必読】調整波とシナリオ構築方法!大きなレンジは二段に分けてとる!遊人です!今日もちょっと難しい話をします。頑張ってついてきてください。今日は大きく二つ・ワイドレンジと時間足の関係・戻り値をダウで考える...

 

 

 

 

 

よかったらそこだけでもみてくださいね^^

 

 

 

PPS

今日のエントリーポイントはこういうところもありました!
よかったら分析してみてください!

 

 

関連記事