レンジ

ワイドレンジの発生する場所ってわかりますか?ワイドレンジが発生する理由を考えてみた

遊人です!
今日背景について話していきます。

背景っていってもいつもの環境認識なのですが
もう一段深い考えをもっていただきたいのです。

なんでそのローソク足ができたのか?
なんでレンジに入ったのか?
なんでトレンドになったのか?
なんでそこでレートが止まったのか?

って考えたことありますか?

今日はそんな中の一つをお話したいと思います。

なんでワイドレンジが発生したのか考える

僕の師匠が定義した
幅が大きなレンジである
ワイドレンジが発生する理由ってわかりますか?

ちなみにワイドレンジの記事はこちらに書いています。

 

ドル円を徹底分析!週足のワイドレンジとカップアンドハンドルで下落を見極める!遊人です!Twitterを見ていたら「ドル円が下落している!ありえない!」って書いてた方がいたので本当にありえない相場なのかチェックして...

 

 

 

それは強い水平線にぶつかった時にです。

例えば、日足の波に乗っている場合に
週足や月足の水平線にぶつかった時には

月足レベルの反対勢力が入ってくるので
もちろん一旦大きな逆行します。

そこで、買いと売りの攻防が大きくなりますので
ワイドレンジが発生します。

イメージでいうとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

ということはワイドレンジが発生するには
事前に強い抵抗を見つけておかないといけません。

条件は二つで
1、今は何時間足のタイムフレームに乗っているのか?
2、強い抵抗がどこか?

これがわかっていればワイドレンジのおおよその位置を察知できますね^^

そこに補助でインジケーターやトレンドラインを組み合わせるとよりわかりやすくなります。

 

こうやってワイドレンジを察知することができ
ついでにトレンドの終わりもわかるため、一石二鳥ですね^^

その後ワイドレンジを抜けた方に
トレンドがでるので、そちらに乗っていくことが可能ですので
そちらを乗っていきましょう!

 

トレンドフォロワーですからね、僕らは^^

 

 

 

まとめ

ワイドレンジは強い水平線に当たると発生する

その時にインジケーターも綺麗に反応している
(見なくてもよい)


レンジ発生して方向が出た方についていく

 

ワイドレンジは強い水平線に当たると
戻される力が強いためにワイドにレンジ作るということですね^^

これが実はダウ理論の一つである
利食い期と重なります。

こうやって背景から考えると
けっこう規則性がある動きをするのが相場です。

ぶっちゃけこれって一人じゃわからないですよね^^;
このブログではそういった背景を書いているので
過去記事もぜひ読んでみてくださいね♪

では、また次回♪

関連記事