トレンド

【中級者】ブレイクアウトをタイムフレームごとにわけて考えてトレードする

 

 

 

にゃんこ先生です!

今日はブレイクアウトのエントリーポイントについてです。

 

 

この記事と似ていますので両方参考にしてください^^

 

マルチタイムフレーム分析を使いこなしてエントリータイミングを図る にゃんこ先生です! 今日はマルチタイムフレーム分析を解説しつつ、エントリータイミングを図る方法をシェアします 時...

 

 

勢いある波にうまく乗る方法を今日はシェアします

 

 

 

ブレイクポイントを考える

 

 

大きく伸びるところはどこか?
ということを考えることが必要です。

 

基本的に大きく伸びるところは

明確にラインが引けます。

 

 

チャネルとかも明確にラインが引けますよね^^

 

ボックスレンジだと上下にラインが引けます。

 

ブログの検索窓で「テンプレ」と検索していただけるとチャネルの記事がでてきますので、そちらもみてください!

 

 

 

 

 

まずは実際のチャートみていきましょう!

 

通貨はGOLDです^^

 

 

2021年5月26日 GOLD

 

 

 

今回は4時間足でしっかりレンジを作ってパワーを溜めている状態です。

 

 

このパワーが放出されるところには基本的にラインが存在しますので、まずはそれを見つけます。

 

 

 

 

そこを抜けたらあとはエントリーポイントを考えていくだけですね^^

 

 

 

 

 

下位足のレンジを待つ!

 

 

4時間のブレイクポイントがわかったので、1時間足以下を見ていきます。

 

1時間足をみると強トレンドになっています。

 

強トレンドは僕が作った造語で、陽線や陰線が連発するような場所です!

 

こちらの記事にも書いていますのでよかったらみてください^^

 

日足のレンジを抜けてローソク足が確定したら次の日もトレード可能 にゃんこ先生です! 今日はトレンドの追従の話です。 トレンドといっても、現場ではトレンドの芽が出たところになります。 ...

 

 

4時間ブレイクアウト

1時間強トレンド

 

ときているので後は15分の形をみていくだけです!

 

 

ここでオススメなのは15分も強トレンドだからのっちゃえー!

って飛び乗りするのではなく、レンジを作るのを待つということです。

 

 

その15分のレンジが足場にして、上に上がるイメージを持ってもらえたらokです^^

 

 

 

2021年5月26日 GOLD

 

 

 

上位足がトレンド環境下なので、15分内部からエントリーできますので、エントリー可能です!

 

 

 

こうすることで一旦の戻りとかに左右されず、方向感はあってたけど、損切りしてから思った方向にいった!

という事象を防げます^^

 

 

 

イメージ図を書いておきますね!

 

 

 

 

 

今回のようにブレイクしてから、まだ時間が浅いところは1時間足のレンジを待つというよりは15分のレンジを待ってからやる方が実際のトレードに役立ちます。

 

 

1時間足のレンジを待つ!というのがルールの方はスルーでおっけーですし、最初は手を出さなくて良いかと思います^^

 

 

 

ただ、時間が深夜帯なので、起きてたかどうかは別ですが^^;

 

 

 

 

 

 

まとめ

ブレイクポイントをまずは考える

ブレイクした時の下位足の動きを要チェック

1時間足まで強トレンドの場合は15分足のレンジまでしっかり確認

上位足の合流ポイントをしっかり見極める

 

 

 

時間足ごとにしっかり分析していくと、エントリータイミングがすごくわかりやすいです。

 

 

そして何時間足のブレイクを取っているかも明確なので、大きく伸びるかどうかもわかります。

 

 

基本、時間足が大きいほど、ブレイクすると長くトレンドがでます。

 

 

日足でブレイクすると2~3日は大きく伸びてくれるみたいな^^

 

 

 

デイトレードでは最低でも1時間足がレンジを作り
そこをブレイクしていくところが美味しいです。

 

今回は4時間のブレイクポイントだったので、デイトレードでは最適な場所ですね!

 

 

 

最初の頃は4時間足のレンジをみつけて、そこをブレイクするところだけに絞ってもいいかもしれません。

 

よかったら検証して、レンジ(玉だまり)を探してみてください^^

 

 

ではまた次回♪

関連記事