チャートパターン

チャートパターンのどこをトレードしてるか想像しながらトレードしていくのが大事

遊人です!
今日は全戻しからの波を紹介します。
ここがわかるようになると調整波のような
一旦の切り返しの波も取れるようになります!

ぜひ参考にしてみてください^^

 

全戻しからの基本は一回戻すと考える

全戻しが起こった時には
こういう形になるはずです。

 

 

 

これがいわゆる
カップアンドハンドルですね^^
(カップウィズハンドルとかカップアンドソーサーとか言われてます)

これについてはこちらの記事を参照ください!

 

【カップアンドハンドル】チャートパターンで環境を考えてみる!遊人です!今日は新しいチャートパターンの紹介です!カップアンドハンドルというチャートパターンをご存知ですか??カップアンドハンドルは時々...

 

これはロングのシナリオの場合です。
上位足の流れによって違ってきます。

この形をイメージしておくと
一端の戻しを考えれます。

そうすることでこの戻しを取れるので
ここは美味しいわけです。

実際のチャートではこういうところですね^^

 

2019年7月29日 GBP/AUD

 

 

 

日足のを見てみると
調整波の流れが一旦終わり
全戻し完成後下にいきます。

これがわかるようになると
チャートの動きがよりわかるようになります。

その間を取れば良いので
幅があればタイミングとってエントリーです

GBP系だとレンジ環境でも
幅があるので、とても良い環境と言えます。

 

環境がわかっていると短時間勝負できるし利確ポイントのヒントになります。

 

例えば、レンジ環境だとずっと伸びるとは考えにくいし
道中に水平線があり、市場参加者の目線が一致してないため
一気に伸びるとは考えにくいです。

しかし、今回の場合のような
全戻しは一瞬でも市場参加者の目線が一致するため
短時間で伸びます。

そして利確ポイントも水平線と環境をみてるため
わかるようになってきます。

 

利確ポイントがわかっているため
リスクリワードが保てるし
費用対効果がよくなりますしね^^

 

 

 

まとめ

チャートパターンは環境がわかっていれば有効

全戻しからは一旦の戻しになる可能性大

フラクタルなので内部も同じ方向を向いている

チャートパターンは環境ありきです。
全戻しのパターンが毎回通用するわけじゃないです。

上位足の流れによります。

 

上位足がイケイケの上昇トレンドの場合に
下位足で全戻しになって一旦ショートの波が出そうでも

そうならずに上昇していく場合があります。

 

上位足の流れを読み解くようにしましょう!

そうすることで、上位足の流れに沿った
チャートパターンが見れるようになり
普遍的な流れがどこから出るのか?
がわかるようになります。

 

やはり人もチャートも環境がすべてということですね^^

 

 

ではまた次回♪

 

 

 

PS

GBP/AUDはまだ伸びる余地がありますね^^
再度上昇し、戻りをつけたところからいきたいところです

 

One point advice

レートがなぜそちらにいくのか?
がある程度根拠があればエントリータイミングは誤差です。

このブログではエントリータイミングはあまり書いてないのは
もっと大事な環境がどういう状況か?
ってことがわかってることがとても大事なので
そっちを重点的に書いています。

関連記事