ダウ理論 ローソク足 三種の神器 相場の仕組み 相場解説

失望売りは早い!チャートパターンを逆手にとって変動範囲を見極めてみよう!

更新日:

遊人です!
先日トレンドに移行するか
レンジ内部に入ってくる波か?
決まる波が発生していましたのでシェアします。

 

 

上に行かない波


そもそも今回の波は上に行きづらい波です。
それが前提であった上で画像を見てください。

 

2019年8月28日 GBP/USD

 

 


まず4時間足がVを完成させて次の波にいくかどうか?
決まる場面でした(日足以下で)

そして上にはいかず切り下がりができました。

この時に高値を超えられないと失望売りが始まります。


理由は
下位足と上位足では上位足が強いからで、
上位足の波に飲まれるところだからです^^

 


そして下位足の人たちが
「あーこれもう上にあがんねーわ」
ってなったら、決済が始まるわけなので、下がっていきます。


これに巻き込まれるフォロワーもいるので
そらに売りが加速します。


これが失望売りと言われるやつですね^^


上下関係についてはこちらを参考ください!

どこがレンジの限界値か見極めてデイトレードの幅を意識しトレード範囲を考える!


この時にチャートパターンを見てみると
カップアンドハンドルができそうな場面です。

 

2019年8月28日 GBP/USD

 

 


これが失敗し下落していきました。


ということはここが失望売り発生ポイントですね

 

 

2019年8月28日 GBP/USD

 

 

 

こういう波がわかると時間効率の良いトレードができます^^

失望売りが出るところを察知できたら、トレードポイントとして成立します!

 

 

まとめ

波の戻り値を考えて環境を見る

失望売りはどこで起きるのか考えてみる

チャートパターンを考えてみてそれを逆手に取る

デイトレードのエントリー箇所を考えよう!


今回の波は結構早いので乗れなかった方も多いと思います。


僕の意見はそれでもいいと思っていて
ここで紹介しているエントリーパターンを全てやる必要はないからです。

 


自分の得意パターンを極めて、ロットを張るのがコストパフォーマンスが良いです。

 

1000pips取れたとしても
それが運要素が強いのか?
自分の実力で取ったのものなのか?

実力で取ったものなら
ロットもあげることができ、再現性もあるため
来月も、その次も安定して取ることができます。


再現性があるからロットを上げれますからね^^

なので、安定的に勝てる得意パターンを極めていきましょう!

 


ではまた次回♪

 

 

One point advice

僕はこの形ができる前からここは下にいくだろうなっておおよそ見当ついてました。

これがわかるとどの時間足の流れが発生するかわかるため考察してみてください^^

 

参考にするならこの記事がいいと思います!

 

引き付けるポイントを待ってから狙い撃ち!相場の流れを考えてみよう!

-ダウ理論, ローソク足, 三種の神器, 相場の仕組み, 相場解説

Copyright© FX island , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.