ダウ理論 レンジ 三種の神器 水平線 相場解説

レンジ環境でもボラティリティがある場所は美味しい場所!レンジ内ダウの確定波はここだ!

更新日:

遊人です!
レンジトレードで確定的な波で
僕が好きな場所が出ていたのでシェアします!

レンジ環境での得意パターンになります。

レンジの基礎はこちらに書いてますので、参考ください!

 

レンジで抜けるか抜けないかを見極めるコツを教えます⇨答えはローソク足

 

 

 

 

レンジ内のダウ波

レンジ内の取り方は
上限、下限、真ん中抜けた場所
がエントリーポイントになります。

これを踏まえた上で
2箇所エントリーポイントが出ていました。

まずこの画像をみてください。

日足以下がこういう環境になっています。

 

 

2019年9月11日 EUR/USD

 

 

 

 

2日に渡ってエントリーポイントが現れてました!

赤とオレンジの丸がエントリーポイントです。

イメージでいうと
オレンジはレンジ上限からショート
赤が真ん中から下限を目指すようなエントリーイメージになります。

赤色の場所のエントリーは
ダウ波が出ているのでとてもわかりやすい形だと思います^^

このようにレンジ内でもダウ波が出ていれば
エントリーの精度も上がるはずです。

 

2019年9月11日 EUR/USD

 

 

 

しっかり4時間足で長いヒゲを形成してから落ちていますね

シナリオが立てることができて
どこがエントリーかわかっていると
2日に渡ってエントリーを仕掛けていけるので
1度目のエントリーを逃してもう一度エントリーしていけますね^^

このようにレンジ戦略も落ち着いてやっていけば
利幅もあるところをしっかり確保できます。

 

赤のエントリーは指標もあったので、シナリオ的にはいい場所ですが
現実的にはエントリーは難しいと思います。

しかしそれでいいのです。
シナリオを立てて自分が入れなかった場合は入らなくて正解。

そして、その原因を考えるのはさらに成長に繋がるからです。

 

なぜそこから伸びたのか?
なぜ入れなかったのか?

 

検討して、次に活かせればエントリーしていないのに成長できます。

ここでのエントリーは少し難易度が高いので
スルーでもおっけーです。

それより他のトレンドが出ている通貨を待った方が
コストパフォーマンスは良いです。

ただ、レンジが得意みたいな人もいますので
今回みたいなエントリー箇所を紹介させてもらいました!

ちなみに今回のエントリー箇所は僕の得意な場所で
特に赤色の方が得意です。

それはダウ波がハッキリしているからですね^^

 

 

まとめ

レンジ内のエントリーできる箇所を把握する

その箇所に応じてエントリーパターンを考える

レンジ内でもダウ波があればそれに乗る

 

 

レンジ内でのダウ波が発生するような場所は
一瞬で波が消える場合がほとんどです。

レンジだから幅がないためですね。

今回のEUR/USDのエントリー箇所もよくみると
けっこう急落気味にレートが動いています。

今回ほど急なのは稀ですが
レンジの中ではこのようにエントリーできる時間が短いです。

僕はこれを
「エントリータイムが短い」
と表現しています。

こういうエントリータイムが短い場所は
実は他にもあって、その時々で区別していく必要があります。

ここがトレーダーとしての腕前が試されるところですね^^

それがどういうところなのか?
ぜひ考えてみてください!

ではまた次回♪

-ダウ理論, レンジ, 三種の神器, 水平線, 相場解説

Copyright© FX island , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.